title 

「奇蹟の人」旅日記

宇多津


11/23

 9時仕込み開始1時半開演。 終演後、バラシて飯山まで移動。また仕込み。

さて、ココは巨大な体育館であった。ここまで大きいというのは旅班の人間は聴いていなかった。あまりの天井の高さにあんぐり・・・・。この高さでは通常のロープでは数が足りない。アサちゃん含めロップ降ろし担当者は頭を抱える。あらかじめ知っていたら準備してきたんだけどなあ。比較的軽いドロップや幕関係は最後の6、7メーターをナイロンの紐?(文化祭のボンボンとか引っ越しで使うあれ)にして、ソロソロとみんなで引く。明日になったら切れてたりして・・・・。そのたっかーい天井の梁に階段がついていたので照明用のロープを降ろしにシュウちゃんが昇っていく。この人こういう時に威力を発揮します。下から見上げていてもぞっとする高さ。あとで聞いたらさすがに「ちょっと、こわかったよ」だって・・・・。チョットって・・・・おい、おい! 途中、差し入れタイム。今夜はさすがに食事をしに出かけることはしないだろうなあ。

 ホテルに戻ってきたら主催者の人たちからビールの差し入れが届いていた。一人2本だそうな。よかった・・・。とりあえずアルコールはキープ。部屋でビールを飲んでから、ホテルに健康ランドみたいなのがあるのでそこに入ってゆっくりする。 ふー。打たせ湯が気持ちよかった。あんまり効かないところもあるけど、ここのは適度な勢いがあるので ○!



Back   Next


 

[Homepage]  [Profile]  [Friend]  [Angelus]  [Ensemble]  [Kentauros]

[Mail]