title 

「奇蹟の人」旅日記

東京→袖ヶ浦市


11/30

 劇団を11時に出発。3時から仕込み開始。

今日は二階の体育館でおまけにテックス。テックスというのは天井に鉄骨がむき出しになっていない状態のこと。これだと照明その他、何にも吊り込めない。という訳なので業者にイントレを持ってきてもらう。イントレっていうのはよく工事現場とかコンサートとかで見かける鉄で出来てる箱の骨格。これを運びあげて組み立てる作業だけでかなりの労力を使う。なので「おんにょろ班」から3人の助っ人を連れてくる。ナカピーとコウケとシゲさん。シゲさんはつい最近まで奇蹟班だったので仕込みに関してはばっちり。残り二人も芸歴は長い? のでなんの心配もなし。頼もしい。

生徒さんや先生のお手伝いがものすごくたくさんいたので、仕込みは思っていたより早く終わる。そうなんです。問題は荷物の搬入。これがメンバーだけだと相当大変。なにせ7トンと2トンの荷物をすべて降ろすわけで、おまけに二階だし。

ホテルについて、久しぶりにナカピーと会ったので一緒に飲みに行く。でもホテルの周りはなにもなく、おまけに小雨も降り出した。のですぐ前にあった小料理屋さんへ。

 実はこの日を境に、わたしの夜の生活に拍車がかかっていくことになったのであった・・・・。(後日談)



Back   Next


 

[Homepage]  [Profile]  [Friend]  [Angelus]  [Ensemble]  [Kentauros]

[Mail]