title 

「奇蹟の人」旅日記

山形市


10/12

 7時50分ホテル出発。8時小屋入り。1ステージ目9時半。早すぎるっちゅうの! しかし、これからはこのペースがしばらく続く。お・おそろしいよおお。

とにかく客席がばかでかい。マイクは一切使っていないので、声と芝居のバランスを取ることを考えながら芝居をするのは異常に疲れる作業です。変な気の使い方をしてしまう。

一回目はくすぶるものが残ってしまうステージだった。2ステージ目は1時30分。終演後、座談会。

ホテルに戻ってきて本屋さんにいって賢治の「風の又三郎」を買ってくる。あー家に帰ればあるのに。持ってくるつもりで机の上に出しておいたのに忘れてきてしまった。新星堂があったので入る。バンドネオンの曲をなにか探そうと思って入ったんだけど、気に入ったのがなかった。ふと目に入った「ピアノレッスン」のサントラ盤があったので買ってしまった。コンビニに行ってワインとチーズを買う。夕食はホテルの真ん前にある居酒屋さんで山かけ定食1200円。今日は生ビールはなし。えらいぞぉぉ。外の看板に900円とか書いてあって「おーいいぞお」と思って入ったら、それはランチの値段だった。でもとってもあたたかく迎えられちゃったりしたもんだから、出るに出られず。でも芋煮と佃煮と御新香と卵焼きとお味噌汁がついてたから、うれしかったのだ。なんかまともにご飯を食べているっていうカンジがするでしょ。

1時間半ほどお風呂に浸かる。最近の寝酒はもっぱらワインです。結構酔っぱらえるし次の日にあまり残らないので。Black Cats の「第三倉庫」とわたしが好きだった頃の安全地帯の曲(シングルカットされていない曲のほうが売れた曲よりいい、と個人的には思っている)なんか歌いながら聴いているうちに御機嫌になってきて、調子に乗って一本空けてしまった。
次の日二日酔いになったのは当然の成りゆきなの・で・あった・・・。



Back   Next


[Homepage]  [Profile]  [Friend]  [Angelus]  [Ensemble]  [Kentauros]

[Mail]