title 

「奇蹟の人」旅日記

東京→千葉県佐倉市


4/12

 朝9時20分、起床。23分に家を出る。もちろん顔も洗わず、歯も磨かず。
9時半に劇団を出発するはずだったのに、トラックの運転手のシュウちゃんがいない。30分後、「おもに女性が着替えるための部屋」においてある布団袋の隙間に潜り込んで寝ていたのを発見。なんで・・・・。
10時に出発。私は7トントラックに乗せてもらう。やけに早くついたので、佐倉市民音楽センターの真向かいにある「スパゲッティーと西洋料理の店」というところに入ってゆっくりお昼を食べる。あさりと明太子のスパゲッティーとオニオングラタンスープとバナナジュースのセット。昼から1600円も食べてしまった。久しぶりだからまあいいか。

 仕込み開始1時、開演6時。今日から、ジェームス役がツキハラくんからナオキに変わる。彼はスライドで、今までの「奇蹟の人」の旅を一緒にやってきた。ずっと芝居を見続けてきたとはいえ、一週間稽古をして今日初日。酷な話ではあるが、がんばって欲しい。とりあえず、なんとか久しぶりの本番を終えた。残響がすごい小屋で、相当やりづらかったが、舞台、客席はこじんまりしていたのでちょっと救われる。

 9時半、小屋を出発。11時に劇団着。一週間、稽古をしていたのでさすがに筋肉痛は出ないけど、疲労も少したまっている。実は「通いで本番」というのが泊まりで公演を続けるよりも体力的にはつらいものがある。帰り道、雨が降ってきたのでお風呂屋さんを断念。うーつらい。あしたこそは銭湯に行こう! 家に帰ってからカルボナーラをつくって食べた。すんごくおいしかったけど、食べながらお昼もスパゲッティーだったことを思い出した。まあ、いいか。

 今年に入って、3ステージほど本番をやったのだが、いずれも単発で、東京近郊だったこともあって旅日記は付けなかった。4月、5月も余りステージは入っていないのだけど、「旅日記はどうしたのか」という問い合わせ?もあったので、とびとびの1998年春バージョンをスタートさせることにしました。またよろしくお願いします。

 次回の本番は4月25日。奈良県の青少年文化振興協会というところの主催。
あれ、会館はどこだったかな。ミーティングを聞いていなかった。


Next


[Homepage]  [Profile]  [Friend]  [Angelus]  [Ensemble]  [Kentauros]

[Mail]