title 

「奇蹟の人」旅日記

札幌


6/10

 テレビをつけっぱなしで寝てしまった。私としてはめずらしい。おかげで6時前に目が覚めてWカップ前夜祭の生中継なんかみてしまった。1時間以上ベットの中でぐだぐだ。朝御飯を食べて、徒歩で教育文化会館まで。9時楽屋入り。さて、今日は誰が名づけたのかフルコースデザート付きというスケジュール。

なんと1回目の開演9時45分。朝開演は中止にしてほしいぞ! 芝居は元々不健全なものだ! といいたいけど、芝居の幕はあいてしまう。
終演後、楽屋に演劇部の生徒さんがやってくる。しばらく座談会。アッという間に2回目の開演時間、1時。20分前になってしまったので大慌てで支度する。

終演後バラシて移動。同じ札幌市内の市民会館へ移る。仕込みの開始時間まで少し時間があるので、わたしは目の前の紀伊國屋書店にいって「MACLIFE」を買ってドトールで休憩。フレンチシーフードジャーマンホットドック。シーフードが妙においしかった。芝居の後は移動のバスのなかで寝る習慣があるわたしは眠くて仕方ない。

5時半仕込み開始。ここは階段を使って客席からの搬入になるのでえらく大変。しかし去年も経験しているのでみんな馴れているのか思ったより早く終わる。さすがに身体がしんどい。

9時前、みんなより先にあがらせてもらってタクシーで帰る。ユタカくんとユリエちゃんとスオミの4人でホテルのそばにある「寅さん」という飲み屋さんへいって、軽くおつかれさん。
ここで食べたニシンの焼き魚がえらくおいしかった。あと、はじめて飲んだ長いもの焼酎。ほのかに甘くて果物っぽい香りがして意外といけるんです。ユリエちゃんがおみやげに買って帰ろうかなといっていた。「寅次郎」っていう名前だったかな。
スオミはウドの酢味噌和えが気に入ったようで、ご飯茶碗くらいある器で2皿平らげていた。そんなにぱかぱか食べる食べ物ではないと思うんだけど・・・
ユタカ君がどうやらパチンコに勝ったらしくおごってもらっちゃった。ごちそうさま。

10時半過ぎ、部屋に戻って無理矢理シャワーをあびる。でも、浴槽の中で身動きできない。

 



Back   Next


[Homepage]  [Profile]  [Friend]  [Angelus]  [Ensemble]  [Kentauros]

[Mail]