title 

「奇蹟の人」旅日記

札幌→小樽→倶知安


6/15

 朝、6時半起床。出発時間を30分まちがえる。あー損してしまった。

8時、ホテル出発。9時から小樽の小屋で仕込み開始、のはずが、トラックが道に迷ったそうで30分ほど遅れる。(コラッ!かめ!)2トン車班は、駐車場でバッテリートラブルのため、小屋に着いたのは仕込みが始まってから2時間以上経ってから。

開演1時。終演後、バラシ。4時には終わる。

一時間ほど時間をとってそれぞれ自由行動。北一硝子にいったり、海猫屋に行ったりする人も。わたしは、三角市場というところへいって毛ガニを一杯買って実家に送ってもらう。小屋の人が「紹介されたといったらまけてくれるかもしれない」と言ってくれたんだけど、どうやら、わたしは値切るのは下手みたい。なんだかめんどくさくなってしまって。結局、航空便の送料込みで4500円。選んだカニをちゃんと送ってくれるのか、ごまかされるのか、それはもう信頼するしかない。

今日の宿は倶知安の「ひらふ亭」。なんだかコマーシャルで宣伝している宿だそうで。高い部屋? はそれぞれの個室に露天風呂がついているんだそうです。私たちはもちろん違うけどね。

夕食はバイキング形式といういうことで、期待しないで行ったんだけど、結構豪華。ステーキエリア、天麩羅エリア、お刺身系エリア、デザートエリア、などなど。わたしが今日食べたのは、サーロインステーキ焼きタラバホタテの刺身ピラフタケノコの刺身天麩羅つぶ貝のグラタン白身魚のムニエルサラダスパゲッティーグリーンアスパラホワイトアスパラポテトサラダケーキじゃがいものアイスメロンのアイス。うわっ! こうやって並べるとものすごく食べているみたいだけど、どれも一口ずつくらいしか食べていませんからね。こう見えても、わたし、わりと少食なんです。

さて今日のメインは露天風呂。劇団の男の人の声がするので、窓から顔を出したら、「あ"」
私たちの部屋の真上が男性の露天風呂。右手をみたら男性のガラス張りの脱衣所。シュウちゃんは素っ裸で丸椅子を抱えながら踊ってた・・・・。何人かのオールヌードも見せていただいて・・・。みんな、見せるの好きみたい・・・。

女性のお風呂もとっても広い。ぬるめのお風呂、水風呂、露天風呂、サウナ。ゆっくり浸かってご満悦。
明日はビールを持ってこよう。

 



Back   Next


[Homepage]  [Profile]  [Friend]  [Angelus]  [Ensemble]  [Kentauros]

[Mail]