title 

「奇蹟の人」旅日記

オフでの出来事ーおまけのページ


 ただいま、しばしの骨休み期間。

この間に、以前から欲しかった 真空管ラジオを買った。わたしの友達が個人的に輸入したりして集めている。もちろんきちんと使えるように秋葉原を徘徊して、真空管や配線をきちんと修理してある。おまけにこの友達のラジオのいいところはイヤホンジャックの付いているものであれば、そこからつないでスピーカー替わりに音を出せるように改造してあるの。昔のジャズとかをラジカセでかけて真空管ラジオから音をだす、ということができるわけです。

わたしが買ったのは1938年製造のAIRLINE社というメーカーのもの。なかなかの美品なのです。昔、その友達は販売していたんだけど、最近は愛着がわいてしまって手放すのをやめてしまっていた。ちゃんとかわいがるから売りなさい! と半ば強制的に取り上げてきた。もちろん言い値の代金はお支払いしてきましたよ。

ちょうど60年前のものだけど音もいいんです。これでビリー・ホリデイやらジャンゴなんかを聴くと・・・・。もちろんCDなどをいいスピーカーで聴くときのクオリティはないけど、真空管独特の柔らかい音が耳に心地いい。ぼんやり明かりもつくので、照明を落としてお酒なんか飲みながら聴くと・・・・・・。 

最近 、デジカメの画像が取り込めなくなってしまっているもんで、うちのかわいいラジオ君をお見せ出来ないのがとても残念。



Back   Next


 

[Homepage]  [Profile]  [Friend]  [Angelus]  [Ensemble]  [Kentauros]

[Mail]