title 

1999「奇蹟の人」旅日記

埼玉県志木市→東京


2/17

 朝から、めっちゃまずいものを食べてしまった。ホテルの朝食はバイキング。ご飯を食べたら「んっ? なんだ、これ」めちゃめちゃぐちょぐちょしていて、お米に芯がある。おまけにお米の味が全くしない。ササキしゃんが文句をいって給仕の人がジャーを持っていく。再度出てきたご飯も同じもの。ひどい! わたしたちのあいだでは、おそらく保温状態のまま炊きあがってしまったご飯であろうという結論になった。あまりのまずさに3口食べてやめて、パン食に切り替えた。でもしばらくあのご飯の味が口の中に残っていて、本番前も気持ち悪かった。(;O;) 

 9時小屋入り。開演10時半。スオちゃんは少し回復したみたいだけど、今度の風邪はしつこそうだからなあ。 終演後バラシ、劇団に戻る。

 劇団では、まだ桜の紙きりをやっていた。思いっきり帰りたかったけど、帰るわけにもいかず、最後まで。6時に家に戻って、PowerBook 君をもってロビンの家に。ロビンのiMac の調子が悪いのでご機嫌をうかがいに行く。わたしは原因を探るのがめんどくさいもんだから、バックアップをとっていきなりフォーマット。物理フォーマットだから時間がかかる。そのあいだロビンが作ってくれたビーフシチューとワインをご馳走になる。ロビンはMacを初めて一ヶ月。ロビンの質問に、パソコンを始めた頃のことを思い出しながら答える。ソフト類を入れ直して全て完了して家に戻ったのが1時過ぎ。 帰ったらお礼のメールが届いていた。



Back   Next


 

[Homepage]  [Profile]  [Friend]  [Angelus]  [Ensemble]  [Kentauros]

[Mail]