title 

1999「奇蹟の人」旅日記

東京


2/24

 7時に劇団へ。ワゴン車に乗せてもらって渋谷の児童会館まで。都内はいやですね。道が混んでて・・。
9時仕込み開始、1時開演。

 この小屋は袖が狭いので道具出しなどがちょっと大変。裏では苦労していました。
ところで今日のステージは??? あきれかえりすぎちゃって、文句を言いたいとも思わない。なんだかね。

 劇団に戻ってきて6時過ぎ。お腹が空いたねということで、桜切りで残っていたユウとシュウちゃんとで「ウスイ」へ。ここの鳥皮いためはおいしいんです。おまけに恐ろしく安い店。ユウは最近劇団員になった女優さん。若いけど、かなり飲めます。結局7時間くらい飲み続け。わたしは久しぶりに焼酎なんかのんじゃったもんだから家に戻ったら結構酔っぱらってました。あんまり食べなかったからなあ。帰り道コンビニでスパゲッティーを買って、食べながらメールチェックをしたら、サエから画像つきのメールが届いてた。なんの画像かは内緒ですけど、あまりの衝撃にスパゲッティーを吹き出してしまった。 (◎o◎;)ドキッ!

これでしばらく「奇蹟の人」の芝居はおやすみになります。再開するのは4月の終わり頃。

3月は坂口安吾原作の「桜の森の満開の下」があります。当分はそのための稽古と道具の作りものに追われます。旅日記のかわりに Kentauros のほうで日記でもつけようかな、と思っております。

 というわけで、このページがなかなか更新されていなくても Nemoto は餓死しているわけではありません。
よく、「生きているのか? 貧乏すぎて餓死してるんじゃないかと心配している」というありがたいメールがよくくるんですけど、大丈夫です・・・おそらく・・・。この季節、当分は納豆とお味噌汁の生活がつづきそうですが・・・。



Back


 

[Homepage]  [Profile]  [Friend]  [Angelus]  [Ensemble]  [Kentauros]

[Mail]