「奇蹟の人」旅日記


10/7

 朝、10時に劇団を出発。今日は富山県新湊市まで。夕方5時には着いてしまう。しかし、ホテルの周りには何もなし。
そこいらをブラブラして、スーパーをみつけて、いちじくを買う。熟れていておいいかった。

 7時にロビーへ降りていくと何人か溜まっている。お寿司を食べにいこうと思っていたのだが、みんなもそうだというので、便乗して一緒にいくことにする。フロントのお兄さんにおすすめを聞いたところ、このあたりはみんな安くておいしいですよ、との返事。一応二つほどピックアップしてもらってみんなでぞろぞろ。最初にめざしたお店は満員で入れない。二つ目のお店はちょっと歩くのだが、せっかくだからいってみる。でもなぜか見つからない。近所のおじいちゃんにそのお寿司屋さんを尋ねると、「この道をまっすぐ行って・・・・。でも、ここにも寿司屋はあるよ。」と目の前のお寿司屋さんを指さす。なんとなくそこに入ってしまったが、結果、失敗だった。漁港なので、魚の鮮度はいいのだろうけれどシャリとネタのバランスが・・・・。ご飯があったかくて、おまけに口の中に入れても、シャリがほぐれない。んー・・・・。少しだけ食べて、すぐ出て来ちゃった。それでも一人3000円ほど取られた。なんか寂しすぎるので、寿司屋のハシゴをしようかと思ったけど、結局「野乃路」という居酒屋さんにはいる。ここはまあ普通。相当ホテルから歩いて、お寿司を食べに来たのになんだかちょっと悲しかった。でもまあ、そういうこともあるさ・・・。



BACK   NEXT


HOMEPAGE  PROFILE  FRIEND  ANGELUS  ENSEMBLE 

MAIL