「奇蹟の人」旅日記

東京→高崎


10/20

 劇団出発、10時。高崎着11時30分。仕込み開始1時。今日は高崎演劇鑑賞会の例会。お手伝いの人がたくさん。うれしい。開演6時45分。市民劇場や労演など、平均年齢がかなり高い・・・と思う。その年齢層によって、興味を持つ場所や反応の仕方に差があって、そういう意味ではこちらもそれなりに楽しめる。今日は地元に近いということもあって、母が芝居を見にやって来る。終演9時。

 終わってから、高校時代からの友人たちと逢う。わたしもみんなも明日が早いので余り遅くまでは飲まないようにしようねとかいっていたのに結局飲みはじめたら止まらなくなって、夜中の1時まで。飲みはじめた時間が10時過ぎだったから仕方ないか? 実家に送ってもらってバタンキュー。

 旅班の他のメンバーはケーキとシャンパンを買って、ホテルで結婚祝いのささやかなパーティー。つい先日結婚式を挙げた「新郎 新婦」は奇蹟班のメンバー。新婦のSは、とってもクール。新郎のSのほうは、涙ぐんでしまって、新婦につっこまれていたとか。後で聞いた話。



BACK   NEXT


HOMEPAGE  PROFILE  FRIEND  ANGELUS  ENSEMBLE 

MAIL