「奇蹟の人」旅日記

高崎


10/21

 朝、9時半母に起こされる。朝御飯は食べたくなかったのだけど、母のパワーには負ける。結局、一膳無理矢理喉に押し込む。お風呂にも入れられる。それも結構長風呂。わたしの長風呂は母ゆずりだけれど、朝から長風呂する元気はない。しかし、これも母のパワーに負けて一時間。11時50分に高崎のホテルのロビーで佐々木さんと待ち合わせ。今日は地方のFM局に出演。ラジオははじめてなので、どんな風にやるのか見当がつかない。ホテルのすぐそばだったので、12 時には局につく。しかし番組はもう始まっている。えっ!

 15分後にスタジオに入ってくださいと言われる。打ち合わせといっても簡単な流れだけ。ぶっつけ本番かあ。でもまあ覚悟を決めて30 分間。「FM高崎」のミキサーを担当していた人がおっという感じのかっこいい人。久しぶりにときめいちゃったりして。DJをしていた女の人はわたしと同じ歳。ちょっと安心。あいだに一曲音楽を入れて last に一曲。まあ自分の仕事の話をするわけだから、普段通りでいいか。スタジオは1Fのガラス張りで外の通りからも中が見える。天気もいいし、急にリラックスしてきて楽しくやれた。12時45分、番組終了。12時50分ホテルのロビーに戻ってくる。

 劇場入りは4時半頃でいいので、ブラブラと母と高崎の街でお買いもの。ついでに洋服を一着買ってもらう。

 今日の開演、6時45分。終演後会員の人たちと近所の居酒屋で交流会。遅くなるので今日は実家に帰らずホテルに宿泊。部屋に戻ってきたのは12時過ぎ、てきぱきとシャワーを浴びる元気がなくて、浴室でぼーっとしながら40分。やっぱり、相当しんどい。あまりに部屋が暑いので、窓を開けておいたのが失敗だった。雑誌を読みながら横になっていると蚊がぶーん。たった一匹の蚊をやっつけるためにさらに一時間。けっきょく寝たのは二時過ぎ。あーあ。



BACK   NEXT


HOMEPAGE  PROFILE  FRIEND  ANGELUS  ENSEMBLE 

MAIL