title 

「奇蹟の人」旅日記(今日はオフなのだ)

福岡県北九州市→ハウステンボス


11/2

 kameカピバラ

 さて、今日はオフです。うー、待ちに待った休みなのだ。朝、7時半に起きる。こういう時には朝起きられる。わたしゃ小学生か! 8時20分宿を出発。マイクロバスをつっきんに運転してもらっていざ、ハウステンボスへ。だいたい11時前にハウステンボスの駐車場に着く。昨日からかめいくんの実家(長崎にあるお寺)に遊びにいっている8人のメンバーとは別行動になっている。日置君に「着いたよ」と連絡を入れる。3時まで体が空かないから好きに遊んでこい、といわれてしまった。どうしよう。こんな広いところどこから見ればいいのだ。東京ドーム二十数個分の広さがあるらしい。とりあえず、シャトルクルーザーでオランダ村に渡ることにした。行くだけで40分もかかってしまう。そのあとバイオパークという、まあ、放し飼いみたいになっている動物園に行く。ここは楽しめた。オランダ村

 何かと移動に時間がかかるため、ハウステンボスに戻ってこられたのは結局5時半過ぎ。立て続けに3つのテーマパークに入る。コンセプトがバラバラ。でもいろいろつっこみながら映像などを見ていると別な意味で笑えて、予想外に楽しめてしまった。7時半過ぎ、日置君と連絡を取って一緒に三人で食事。いわば同級生みたいなもの。久しぶりにそろうとやっぱりちょっとうれしいかな。「うまいピザを食わせてくれるところあるけどいくか?」「ピザなんかいやじゃ!新聞(ハウステンボスニュース)に載ってたチーズフォンデュが食べたい!!」とわがままをいって、ハウステンボス内のレストランへ。チーズフォンデュの他に私は牛ヒレ肉のオリーブいためのなんとか風。セットでオニオングラタンスープライス。どれもおいしかった。ワインをデキャンタで2杯。ぜんぶで約10000円。ちょっとしか入っていないデキャンタが1800円だった他はそんな馬鹿高い値段ではなかった。もちろん日置のおごり。あとで聞いた話では他のレストランはだいたいコースで5000円〜、7000円〜、とかいう値段だったらしい。

hioki  日置くん

 9時ちょっと前からレーザー光線と交響楽のショー。音楽は富田勲、照明は吉井さん。吉井さんは何度かアンサンブルのプランナーとして一緒に仕事をしている人です。それから、花火のショー。綺麗でしたよ。

コテージコテージ

 コテージに案内してもらって、きゃーきゃー大騒ぎ。一階はリビング、2階はベットルーム。湖の周りにコテージが建っていて、一階のベランダに出ると白鳥が泳いでます。しばらくすると、隣の部屋からバタンバタンと音がしだした。ほかのメンバーがチェックインしたようだ。みんな興奮してはしゃいでいるのかな。日置と10時過ぎまで焼酎を飲む。「奇蹟の人」の公演が島原である。「そのときに旅班に遊びに行くよ」といって日置は泊まらずに帰ってしまった。私はゆっくりお風呂に浸かって、のんびりリッチな気分を味わう。たまにはいいなあ・・・・・。持つべきものは世話好きのともだち!



BACK   NEXT


HOMEPAGE  PROFILE  FRIEND  ANGELUS  ENSEMBLE 

MAIL