title 

「奇蹟の人」旅日記

熊本県熊本市→鹿児島県日置郡


11/6

 ホテル9時出発。12時過ぎに伊集院文化会館に着く。そこら辺でそれぞれお昼。近くにカレー屋さんしかなかったので、わたしはまたカレーライス。今日はちょっと変化をつけて田舎風カレー。揚げた茄子とかポテト、茹でたブロッコリーやら人参やらが乗っている。さんざん待たされた。待たされたかいあって、なかなかおいしいカレーでした。

 1時、仕込み開始。普通の劇場だと仕込みはえらく早い。荷おろしは30分で終わってしまう。体育館だとだいたい一時間半かかるのに。おまけに明日もこの小屋でやるため、舞台はこのまま仕込みっぱなし。らくちん。ミーティングは5時、開場は5時半。開演は6時半。主催は伊集院文化会館。毎年ここの会館の自主事業でこういう催しをしているそうだ。何年か前に「目をさませトラゴロウ」という芝居でここに来た記憶がある。

 終演は8時45分。今日はバラシなし! 嬉しいけど、明日のワンステージ目はなんと9時半。

 伊集院から鹿児島市のホテルまで40分もかかってしまう。10時頃、ホテルの側にある居酒屋にいく。私と、つっきん、浅ちゃん、シゲさん、ゆりえちゃんの5人。ここで食べたカワハギの刺身と肝のおいしかったこと。生きててよかった・・・・。あとは馬刺ほたるイカの塩辛ニガウリのサラダなんかもおいしかった。九州に来るとよくあるのだけど、テーブルに焼酎の一升瓶がどーんと置いてあって、いくらか払うと飲み放題。ここもテーブルに紙パックで「おにごろし」が置いてある。一人500円だそうだ。メニューを見てもとにかく焼酎が安い。いいですねえ。

 劇団の人はとにかくよく焼酎を飲みます。私も、劇団に入った当初は焼酎って余り飲めませんでしたけど、いまでは一番飲みやすいお酒です。日本酒やウィスキーなんかは飲むぞ! という気合いがいるんだけど、焼酎は肴をつまみながらお茶代わりに飲めるという感じで、気楽に飲める。焼酎っていっても甲類はいただけません。飲み屋さんにいって焼酎を頼むとき、かならず銘柄を聞きますが、甲類しか置いていない飲み屋も結構ある。九州では、甲類を出すところはまずないから、安心して頼めます。本場だものね。東京だと「白波」か「二階堂」はよく出回っているのでそれをもらうことが多いかな。

 明日は早いし2ステージなのでご飯だけ食べて・・と思っていたのに、結局紙パックに入っていた焼酎は全部あけてしまった。芝居の話やら何やら、話し始めると私も結構長いです。お湯につかるのはめんどくさくなってしまって、とりあえず顔を洗ってシャワーで汗だけ流す。ベットにはいったのが2時ちょっと前。あしたの出発は7時20分。8時間後にはまた芝居をやっている・・・・・。



BACK   NEXT


HOMEPAGE  PROFILE  FRIEND  ANGELUS  ENSEMBLE 

MAIL