title 

「奇蹟の人」旅日記

長崎県島原市→福岡県甘木市


11/20

 今日は移動だけ。ホテルを10時にチェックアウト。昨夜飲み過ぎたわたしは、寝坊。ホテルを出たのは11時過ぎ。

 日置は、10時出勤に間にあったのだろうか・・・・。お昼を食べるために商店街をうろうろ。洋風居酒屋がなぜか空いていて、ランチをやっていた。スパイシーカレー800円を注文。甘い! 辛い! なんとも。この甘ささえなければ相当おいしいのに。九州は味噌汁も甘い。これは一ヶ月いるとかなり堪えます。朝食の味噌汁は、まず飲めなくなってしまう。

 1時、駐車場を出発。雲仙によっていく。普賢岳をみる。火砕流の跡がまだ、くっきりと残っていて生々しい。

 甘木のホテルに着いたのが6時前。しかし、ホテルの周りは何もなし。駅まで延々歩いていって食事が出来るところを探したが、何もなし。唯一見つけた定食屋さんで海老フライ定食と生ビールを注文。哀しいくらいいまいちだった。

 帰り道に可愛いケーキ屋さんでケーキを買う。生チョコを売っていた。ちょっとしかないのに1300円。わたしは食べたことがなかったので、どんな味がするんだろうとじっとながめていたら、やたら迫力のある髭面のマスターが「食べてみますか?」といって試食させてくれた。(よほど食べたそうな顔をしていたのかな)とっても柔らかくて、ほんとにおいしいんですねえ。でも生チョコをどうすると普通のチョコレートになるのだろう。いかついマスターに気圧されたのか、なぜか恥ずかしくて聞けなかった。

 ホテルに戻ってきたのは9時頃。明日から天気が悪くなるそうだ。

 

BACK   NEXT


HOMEPAGE  PROFILE  FRIEND  ANGELUS  ENSEMBLE 

MAIL