title 

「奇蹟の人」旅日記

熊本県熊本市→?


11/22

 ホテルを10時にチェックアウト。タクシーで高速バス乗り場まで。1時間半の空き時間。メールのチェックをしてから、アーケードをうろうろ。

 ところでポスペでトラブル。間違って、回線に接続していない状態で「ペットで送信」ボタンを押してしまった。エラーになってしまって、それからずっとうちの ringo が行方不明。受信はできるんだけど、メールを送ろうとすると、再起動がかかってしまう。このまま ringo は戻ってこないのか???

 12時発の高速バスに乗り込んで、3時半に鹿児島の天文館に着く。ここで降りて、空き時間を潰す。約1時間。しばらくは沖縄料理三昧になりそうだから、洋食でも食べておこうということで、以前行っておいしかったスパゲッティーハウスにいって、ジェノベーゼを注文。おいしかった。食後に買い物。Gパンを一本しかもってきていなかったので、ブーツカットのGパンを買う。小さいときに流行っていて、その頃はベルボトムといってましたけど、いまそういうと笑われます。

 6時出航の沖縄行きのフェリーに乗る。名瀬→亀徳→和泊→与論→沖縄と24時間40分の船旅。長い! 沖縄って遠いです。

 一部屋貸し切り。乗り込んですぐに宴会が始まる。買い出し班が、鹿児島で食料を山ほど買い込んできた。わたしは忘れていたけど、今日は中日なんだそうだ。秋旅のステージ数のちょうど半分が終わったということ。初日祝い、中日祝い、楽日、となんやかや名目をつけて経費で飲む。

 出航して1時間ほどで揺れがきつくなるというのを聞いていたので、先に酔っぱらってしまおうと、みんなガバガバお酒を飲んでいる。わたしは一応酔い止めの薬を飲んでおいた。そのおかげかやたら眠くて仕方ない。

 7時、辰吉の試合が始まる時間。しかしテレビのチャンネルが3つしかなくて、どこもやっていない。何人かふて寝をし出す。しばらくして、「おい、ロビーのテレビは映ってるぞ!」こういう時、みんなの動きは機敏です。ふて寝していた奴等もがばっと起きてロビーに走っていく。

 テレビのチューニングの部分をかちゃかちゃしたら電波が入ったらしい。しかし、画像は相当悪い。イイところになると砂嵐状態で、何も映らなくなってしまう。時には音声さえも入らない状態に。劇団員以外の男の人が二人。10人くらいの大人がくいいるように砂嵐の画面を見ている様子は客観的にみるととても滑稽。試合が終わって部屋に戻ってみたら部屋のテレビも辰吉の試合結果をリプレイしている。こっちもいじったら電波が入ったそうで、すごく綺麗に映ってる。なんだ? こっちで観ればよかった。でも、砂嵐でかすかに映る辰吉の試合は、観ている側で相当臨場感があったし、再度綺麗な画像でリプレイを観たら、二度楽しめたという感じ。とにかく勝ってよかった、ほんとに。

 なぜかとても眠い。10時前に寝てしまう。 



BACK   NEXT


HOMEPAGE  PROFILE  FRIEND  ANGELUS  ENSEMBLE 

MAIL