「奇蹟の人」旅日記


9/14

 イメージ秋の旅の始まりです。9時半頃劇団を出発。青森県中津軽郡岩木町まで約9時間。
途中の前沢SAでヒッチハイクをしている男の子を発見。途中まで乗せていく。早稲田大学の学生さん。
学校もそろそろ始まるというのに、2週間ほどこうやって旅行するのだそうだ。とりあえず北海道の友人に会いに行くらしい。いいなあ、私もいきあたりばったりの旅行がしたい。仕事で家を空かすことはあっても旅行じゃないしね。
今年は特に自宅にいることが少ない年で、12カ月のうち5カ月分くらいかな、自分の部屋で寝るのは。
 今日の宿は桜温泉という旅館。最初、わたしは8畳の部屋に4人。他のメンバーの部屋もキチキチ。宿係のロビン(ミーティングの時、係を決めるのです)と舞台監督の浅ちゃんが旅館の人と交渉。結局、わたしはこの部屋にヘレンと二人ということになりました。し・か・し、この部屋が女性には許せない部屋だったりして。(自分の部屋は散らかし放題なんだけど)布団をしいてみたら、なんだか毛が布団にいっぱいついている。よくみたら、枕にも畳にも髪の毛やら「なんやら」がいっぱい。2階の窓から布団をはたいて、枕をはたいて、4枚あったシーツを敷き布団と掛け布団の内側に敷く。やれやれ。
 お風呂にいく。そしたらまたシャワーやカランからはお湯がちょろちょろとしか出ない。温泉なのはいいのだけど・・・・なんだか疲れてしまった。



NEXT


HOMEPAGE  PROFILE  FRIEND  ANGELUS  ENSEMBLE 

MAIL