イメージ イメージ


「沖縄」ベトナム編

 

 まず最初はハノイ、ここはベトナムの政治の中心地です。ここの「青年劇場」というところで上演しました。私たちがいったときにはもう現地のスタッフが舞台をくんでおいてくれて私たちのやる事といったらほんのわずか。 結局、街をブラブラしてくることとなりました。

ベトナム風景

通事情・・街の様子をどういったら感覚的に分かってもらえるだろう。テレビでよく見る青梅マラソンのスタート直後というかんじ。車もバイクも自転車も、ごちゃごちゃにおなじ車道を走ってる。町中の人が、意味もなく、もうやみくもに走り回っているんじゃないかというくらいのエネルギーがある。あとでベトナムの人から聞いた話しでは、百パーセント恋愛結婚なんだそうな。おまけに、18歳くらいで結婚してしまうそうな。だから、みんな結婚相手を捜して町中を走り回っているのだ、といっていた。冗談とは思えなかった。 

 慣れてくると歩いてる速度で道路を横断できるようになるんだけれど、最初のうちはなかなか道路を渡ることができない。車がきれるのを待って渡ろうなんて思ってたら、夜中になるまで渡れやしない。バイクも自転車も対向車線なんか関係なく走ってて、車すれすれにくるし、なんで事故を起こさないんだろうと、不思議で仕方ない。これだけ雑然としていても、それなりに道路は流れている。

 一度だけ、子どもがバイクにはねとばされるのを見ました。5,6回道路をごろごろっと転がったと思ったら、立ち上がって両手をあげて走っていく。引っかけた大人は、一応止まって、子どもの手を持って引っ張りあげたりして、大丈夫かどうか確かめていたみたい。さすがベトナム、たくましいなあ、なんて口を開けて見てました。走り去っていくバスの中からなのでそのあとは見ることは出来なかったけど。

 電車に乗れたらいいなあと思って、ハノイ駅に行ってみました。 時刻表を見てみると、一日のうち、数えるほどしか出ていない。ベトナムは縦に長い国なんだけど、駅に書いてある手書きの地図には、その上から下までを背骨みたいに線が一本書いてあるだけ。列車はそのたった一本の路線を、北から南まで往復してるだけという感じ。市内での私たちの移動は、もっぱらレンタルしたバスでしたが、プライベートでは歩きか、そこら中を走り回っている「シクロ」という乗り物に乗るのが、一番便利な方法でした。

ベトナム風景

 クロは人力車の自転車版みたいなものなんだけど、人が乗るところは前についてるの。これに昼間乗るのはとても怖い。乗り心地はいいんだけど、あの交通ラッシュの中を走られると、無防備な体の前後左右に車だのバイクだのが迫ってくる。急ブレーキなんかかけられたときは、そのまま前に放り出されるんじゃないかという気がして何か不安で落ちつかない。夜に乗ると夜風がホントに心地いいのですが。

 とにかくバイクが多い。これもよく私たちの前に止まって乗せていってくれる。そこいらを走り回っているふつうの人が、一時間、10万ドン(まあ、日本円にするとだいたい1,000円程度)くらい払えば観光タクシーに早変わり。バイクは見た感じでは、90パーセント以上はHONDAです。そのうちのやっぱり90パーセント以上はカブ、に見えました。日本ではカブの盗難が盛んに行われていて、農家のおじさんが買っても買っても盗まれるとぼやいている映像を見ましたが、現地で交通事情を見ると納得!! とにかくHONDAでないと格好良くないらしい。性能はいいし、燃費がすばらしくいい。日本製はどこの国にいっても評価されます。日本人の評価はどこにいってもよくないんだけど。

  街はとても埃っぽくて、結構暑かったけれど、焼け付くような暑さというのではありませんでした。ベトナム戦争の映画でしかベトナムを知らない私は、どうも、「粘りつく暑さ」というイメージがあったものですから,意外でした。ハノイはベトナムの北部に位置します。最初の2日くらいは半袖で過ごしましたが、急に寒くなって、ハノイでの残りの日々は長袖、最後の日はとうとう、東京で着ていたコートを引っぱり出すことになりました。