3 /26 (月)

Luni 26 Martie 2001

今日はパスタの日。にんにくと、ほうれん草、トマト、たまねぎ。

今日からプロフェソアーラのおうちでクルス。パソコンを使っての授業であった。先生がかちゃかちゃ打って、17インチの画面は私たちのほうを向いていて、それを見ながらノートに書き書き。。<へぇ〜なるほどなぁ> というやり方である。

しかし、パソコンで文字を打つので、今までの授業よりもさらに早く、膨大な量を書き写さなくてはならず、終わったあとは、みんなぐったりして、指と手のひらをもみもみしていた・・・

帰りにウニーリィー広場にあるスーパーへ行って買い物してから帰ることにする。パルメザンチーズの塊を見つけたので買ってみる。やはり、ほかのチーズと比べると値段が高い。輸入物だからかな。それと、牛の骨髄を売っていたのでそれも買ってみる。帰ってきてから、それを使って肉じゃがを作ることにする。それと、15インチサイズくらいのフレームも買ってきた。中に、この間もらった卒業証書と、写真や、学生証を入れて額縁を作成する予定。でも、適当に選んできてしまったので中があけられない形になっていた。むきーっ! で、分解して、無理やりこじ開けてやっていたら、断ち切りしたままのガラスだったので、手を切った 「Lisuse!! (ジーザス!)」 まったくもう・・・・・

掃除をしなくちゃなぁ・・・・・と思っていたので、なんとなくはじめてしまう。床という床は全部ごしごしと拭いて、足拭きマットをバスタブにつけてごしごし。ルミママがやってきたので、マリアンを呼んで、トイレのお水を直してもらう。

その合間にも肉じゃがをひたすらコトコト煮込む。

夜は階下のお家へお邪魔して、やはりネットが使えないことと、パソコンのせいでもプロバイダーのせいでもないことを説明。マリアンに分かってもらうために、彼のパソコンに差し込んであるモデム回線を引っこ抜いて、私のパソコンにつなぐ。もちろん、ちゃんと動く。こんどは、モデムチェッカーをあちこちに差し込んで確認。このモデムチェッカー、まだ一度も使ったことがなくて、活躍することは無いんじゃないかと思っていたら、「なーんだぁ!君!役に立つじゃんっ」 持ってきて良かったでござるよ、って感じ。これって極性が反転してたら使えるように切り替えられるし、過剰な電流が流れても調整してくれる機能付きの優れもの。というわけで、ついでにこのモデムチェッカーの役割もマリアンに説明。そんなエレクロニック関係の単語なんか知るわけないから、身振り手振りと、図を書いて、と大忙しである。でも分かってくれたみたい。

こちらのお家の電話は日本製の 「おたっくす」 FAX回線の差込口から回線をとって、私の部屋まで引っ張ってきていた。どうやら、問題があるのは、そのFAX回線の差込口のようである。マリアンが原因を納得してくれて、「スペシャリストを探して直してもらうから、Yoko!明日だ」と言ってくれたので、まあ、一安心。それにしても、回線工事があった直後からヌーメルジェだからなぁ、工事中に私が接続しようとして、過剰な電流が流れて故障したとか・・・・そんなことあるかしらん・・・

ついでに、ワインやらなんやらをご馳走になって、ひとしきりおしゃべりをして部屋に戻ってくる。

部屋に戻って、肉じゃがを食してみる。これが・・・・まあ、あなた・・・どうしましょうというおいしさだったのであるよ。参った!でござる。

 

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]