4 /4 (火)

Miercuri 4 Aprilie 2001

朝8時、おっ久しぶりに朝って感じ。支度をしてお出かけ。9時にホテル。VISA申請用の書類をフロアーで書いてから、モルドバ大使館へ。以前は一人しか入れなかったという大使館。改善されたみたいで、3人とも入れた。

さてさて、マリアンの運転する車でいざ、シビウへ。二経路あるらしいのであるが、今日は、割と時間が取れるので、観光がてら行こう! というわけで、途中シナイアでお茶休憩。ほんのちょっとだけぶらぶらする。去年、京子さんと来た時は、まだまだ右も左もわからなくて、大冒険だったな。

シナイアにて

これは、ミスターOの新しいデジカメで取ったの。絵的にいいなァ・・・と思って。さすがに綺麗に撮れるなぁ。

途中の道路沿いで、電柱の上にたくさんの枝を集めたお椀の形をしたものが乗っている。そうだなぁ、あえてたとえるなら、トイレの詰まった時にシャカシャカする先端がゴムで出来てる奴!あれの柄を下にして立てた感じかしらん。

「あれ、なあに?」って聞いたら、コウノトリの巣だそうだ。「へぇ〜」と思っていたら、転々と続く電信柱の上に点々とそのお椀が載っている。そのうちの一つに、一匹のコウノトリがすっくと立っていて、どこか彼方を眺めていた。周りには何も無いわけじゃなくて、民家が結構ある。その中でコウノトリが立ってる絵は、なんとも不思議なかんじ。お師匠も初めて見るっていってた。で、マリアンに、「コウノトリが自分の家のそばに巣を作ると幸福がやって来るとか、そういう話はあるの?」って聞いてくれたんだけど、マリアンたら、「ないっ」とあっさり。もうちょっとロマンチックな答えを作って欲しいとこなんだけど・・・。写真とっとけば良かったな・・・ちょっと残念。

 

シビウの
野外ステージとなる山の上の城壁

さてさて、大変なことになってきた・・・
それにしても、並べてみると私の35万画素はやはりそれだけのものか・・という感じであるなァ・・

そのあと、途中の「山賊?(義賊だそうだけど)レストラン」という名前のところで、で遅いお昼ご飯。伝統的ルーマニア料理と、熊とか、鹿とか、いのししとかのお肉も食べられる。で、野菜のチオルバ(スープ)とマリアンお勧めの地鶏の丸揚げ! ママリーガポテトのドイツ風。あと、いのししのスモーク。いやぁ、おいしいのなんの。でも、くるしい・・・・食べきれないよお・・・・いつもスープだけでおなか一杯になっちゃう。それにもまして、ミスターOは油が一切ダメだし、少ししか食べられないのに、いろんなものを食べたいもんだから、いろいろ注文したがる! 気持ちはわかるが・・・「誰が食べなきゃいけなくなるかわかってんのっ! 只今節制中〜!の私じゃんっ!」 で、喧嘩になる・・・

さて、6時過ぎにシビウ着。とりあえず、現場を、見に行くことにする。まだ、陽は高いしね。中心地からかなり車で走る・・・ありゃりゃ・・まじかい?

小さなお城があって、その中に入ってみました・・

で、現場到着。さあさあそれからやがな・・・ 急勾配の階段を延々登っていくのであーる・・・・めんどくさがりで、私以上の根性なし!の Shuちゃんだったら見ただけで「帰ろよぉ」って言うに決まってるな・・こりゃ。

で、頂上到着。古い扉を鍵で開けて・・・現場検証開始!

はっきり言って、というか、いわなくても、大変です!これは・・・さてさてどうなることやら。

これもお城の中

いったんホテルへ戻って、一休憩。7時半過ぎに、ドムヌル・キリアックとドムヌル・ミキと劇場で会う。話し合い。さてさて、本当に野外でやるか、それとも劇場でやるか・・・・どっちにしても問題は山積み。スケジュール調整やら、細部の相談等。でも、全部がこの場で決まるわけではない。持ち越す問題の方が多い。明日の朝、もう一度現場へ皆で行くことになる。あーまた、あの階段を登るのかぁ・・・

夜はホテルのレストランでワインビールサラダを何種類かとスパゲティー。なんと全部で1000円ちょいであった。

ホテルの部屋は割かしきれい。540000レイ。キリアック価格らしい・・

バタンと死んだ・・・

城壁までのスロープへの入り口

落日であります。綺麗だなァというより、どうなるんだろ・・・という思いの方がかなり強いぞっと!

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]