4 /14  (土)

Sanbata 14 Aprilie 2001

今日は復活祭の準備。お昼頃、ツアーのためのホテルの予約の下見へ行ってからお買い物。チーズと牛乳と卵。

お昼は、ルミママとマリアンが部屋に来ることになっていた。なんと言っても階下は復活祭の準備のために台所がえらいことになっているそうで。なので、今日のお昼はヨウコが作って、とスパゲッティ―を渡されていた。

サラダを作って、ゴルゴンゾーラ風カルボナーラ?を作成。それと、この間のインド料理屋さんのカレーの残り。それとコブリッジ (まだ、山ほどあるの・・・) それからマリアンに食べさせると約束していた納豆

これは、羊の肺の後ろにある膜だそうだ。これで、みじん切りして味付けしてある内臓を包む。それから、オーブンで焼く。

結構、おいしく出来たのよねぇ、スパゲッティ―。で、いつものごとく、どうやって作ったんだと聞かれる。大した材料は使ってないんだけど、それがまた、お気に召していただけた理由のようで。よかった。カレーもおいしいし。

ところでマリアン。納豆ホントに食べる?って聞いてから作って出す。といっても、付属のタレとねぎを刻んでからしを入れただけなんだけど・・・ 

「匂いもいいぞ、うまいじゃないかっ!」 と食べていた・・・珍しいルーマニア人だ。さすがにママは絶対にやだっっといって食べなかったけど。まあ、付属のタレだと、うまみ成分を濃くしてあるからな。食べやすいかもしれない。

そのあと、下のお家へ行って一緒に復活祭の卵を作る。

卵を茹でてから色づけ

← で、今回の復活祭メニューはこちらっ!!

お祝いの時に食べるというコゾナックという菓子パンとか、羊の内臓を全部使って作る料理。子羊のチオルバ。それともちろん、復活祭の卵。最近はこうやって、カラフルな色があるけれど、本来は「赤」のみ、なんだそうだ。仏教徒??? の私はそういうことをまったく知らないのだけれど、キリストの血に染まって卵が赤くなったということらしい。

そうそう、復活祭のことを、ルーマニア語では<パシュテ>という。で、魚は<ペシュテ> キリストが引き連れていた大勢の人たちの空腹を満たすために、魚が少しとパンが少ししか入ってなかった籠をキリストが空に掲げたら、一杯になっていた!というお話があるそうな。大まかにいうとそんな話。で、それを聞いた時、「あーだから、魚(ペシュテ)の日っていうのかぁ」 で、バカにされた。

中央の長細い菓子パンがコゾナック。パサパサしてて水気が無いんだけど、私結構好きなの。

なんだかとっても疲れてしまったのでお部屋に戻って一眠り。なんと言っても今夜は夜中の12時から食事をしなくてはならないのである。あー恐ろしいよぉ・・・

で、11時半に下へ降りていく。12時近くになって、皆で、ろうそくを持って近所の教会へ行く。教会の中をちょっと覗いてくるねっといって、とことこ。人ごみをかきわけかきわけ・・・・で、ついでに写真も撮ってみる。不謹慎かしら・・・まあ、いいか・・・で、ろうそくの火が回ってきたので、自分のろうそくにつけてもらう。皆がろうそくともしてる姿はなかなか美しい光景であった。

歌が聞こえ出して、教会から神父様一団が出てきた。お葬式の遺影のように、キリストのレリーフを胸に抱いて厳粛に、ゆっくりと牛歩の歩み。すぐそこなんだから、ちゃっちゃと歩けばよいのに、と言いたいところであるが、そうはいかない。なんてったって、復活祭。クリスマスと並んで一番大きなお祭りなのであるからして・・・・

で、よくよく見たら、あなたっ!なんと例の美貌の神父様のお姿が・・・彼はここの教会であったのかぁっっっ!! なんと言う神様の思し召し! 

「おードゥムネゼウレ!(神よっ・・)」

というわけで、キリスト教徒でもなんでもないんだけど、十字を切って、賛美歌も歌っちゃったりして。

家のすぐそばの教会

えっこんなに近所に人がいたの?っていうくらい、人が出てきてた・・・。わたしの気分は遅ればせながらの大晦日・・・

途中、大勢の人で埋まっている道路にタクシーが突っ込んできた。なんだか、クラクションも鳴らし始めるし、怒鳴りあいが始まちゃって、その一角だけがひとしきり騒然とし始める。でも、壇上では神父様たちが朗々と賛美歌を歌ってる。おかまいなし・・・なのか気にしてるのか・・・神のみぞ知る・・・アーメン・・・・・

で、歌が終わってお説教がこれから始まるのだそうだが、帰る人もたくさん。我々もその中の一人。ろうそくの火を消さないように歩きながらお家まで。で、玄関の入り口の上の方で火を消してから部屋に入る。

さて、恐怖!深夜の晩餐・・・・・・・

普通は、卵食べるくらいで終わりらしい・・・でもここのお家は違うの・・・山のような量のフルコースが待っている・・・

教会の中から撮影。

中央に祭壇が作ってあって、そこに神父様たちが乗って歌を歌うのであります。それも結構長いこと・・・

「キリストは生き返ったか」 「そりゃァもうまちがいなく」って感じかしら・・・そう、言ってから卵をコツンとぶつけあう。で、誰の卵が一番強くて、ひび割れなかったかを競う?? 良いことがあるってことかな。

で、割れたら食べる。割れなくても食べる。結局食べる。ルミママが言っていたけど、20個くらいを三日間のうちで食べるらしい・・・・恐ろしい・・・

で、なるべく私は控えめに控えめに食べたつもりなんだけど、とにかく種類があるし、おまけにアイスクリームというデザート付き。「Eu Greu ! (ヘビーだぜ!)」 

で、夜中の3時まで食べ続けだった・・・・・

 

初登場。噂の美貌の神父様

なんだか、光の加減なんだけど、
後光がさしてるじゃありませぬかっ

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]