4 /20 (金)

Vineri 20 Aprilie 2001

タクシーを呼んで、モルドバ大使館へ行ってもらう。タクシーのおじさんは場所を知らなかった。私も通りの名前は知らない。で、無線で聞いていざ出発。しかし・・あれ、こんな方角だったっけ。で、ついた先は確かにモルドバ大使館。でも、建物が違うんだよね・・・と思いつつ、まあ、いいかっ!インターフォンを押して、「VISAのために来ましたっ」 で、しばし待つ。おじさまが住所を書いた紙を持って登場。「ビザはこっちね」やっぱし・・・「あむ・うんつぇれす(分かった)ありがとっ」 で、またタクシーに乗り込む。バイバーイと手を振ったら、二人居た警備の兵隊さんと、年配のおじちゃまが3人して手を振り返してくれたんだけど、その絵がなんだかえらく可愛らしい。元共産圏のごついお役人達!って感じを裏切られてしまったもんだから、妙に可笑しくなってしまう。で、もときた道を戻って・・・そうそう、この建物よ! でタクシーのおじさんに

「私を待つことはできますか?」
「何分くらい?」
「えーと、チン・・ゼィチ・・・」
「50分っ! 」
間違えた・・「ヌー!! チンスプレゼ―チェ(15分)」
「いいよ」

で、中に入っていったら、いたいたこの間のお姉さん。用紙をもらって、この間の書類を書き写してもってきたお手本を見ながら 「えーっと」 ともたもたお書いておった。

「出来た?」
「んーまだ・・・」

で、お姉さんが、適当でいいのよっ!といわんばかりに、私からペンを取って、書き書き。後半は全部お姉さんが書いてくれた。「明日の日付から10日間でいいわね」てな具合。「あなた日本人でしょ。この間来た。覚えてるわよ。今日は一人なの?」 となんだかいろいろ話し掛けてくれる。このあいだ、お師匠が 「また日本人が来るからよろしくね」 と言っておいたのが効いてるのかしらん。ところで、VISAの申請も、以前は随分厳しかったようであるか、最近はそうでもなくなってきたのかなぁ。出発する日付も戻ってくる日付も招待状と全然違つちゃった。まあ、いいのか。

で、その場でビザを発給してくれた。またもや、タクシーに乗り込んで、今度はロマーナ広場まで行ってもらう。で、良く行くアジアンチックなお店によって、またもや、番傘みたいな中国傘を一つ買う。結構、でかい。持っていくのめんどくさいからやめちゃおうかな・・・と悩んだんだけど、結局買っちゃった。まあ、いいか。

てくてく歩いて、ブティックの前を通る。・・・・・あっそうか・・・プレミエラだもんなぁ・・・ジーンズってわけにはいかないか、やっぱり・・。と思い直して入ってみる。で、ノースリーブのブラウス? を一つゲット。わりあいドレッシーな素材だったので、下がジーンズでもカジュアルすぎずいいかな。結構気に入ったし。

で、スーパーへ。お土産が足らないような気がしてきたので、缶入りのクッキーもゲット。必要なこまごましたものを買い揃えて家に戻る。

よしっ! 準備万端!! 最低揃えておかなくちゃいけないものは、全部揃ったぞっと。

 

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]