8 /20 (月)

Luni 20 August 2001

久しぶりのクルス。夕方帰ってきたら、音がする。ごぼごぼ・・・どこかで洗濯の排水をしているのである。これが始まると、お風呂場が泡泡だらけになることがある・・・今日もそれか???と気にもせず放っておいた。しばらくしてお風呂場に行ったら・・・「!!!???」 もっと大変なことに・・・で、お風呂場はじゃぼじゃぼの水浸し・・・でおまけに茶緑色の細かいものがやったら混じっている。「!!!???」 なんてこったい・・と思って、しばらく苦労して、ちりとりでたらいに水をすくって溜める・・・で、バスタブに流したらその水がそのまま、また溢れ出してきた。あー、ドアムネ・ドアムネ(女神様!) だめだこりゃ・・・しばらく待ってみよ。。。

で、ママから電話がかかってくる。どうやら上の階から下の階まで全部この状態らしい。で、あとでスペシャリストがやってくるから。。。とのこと。何でこうなったのかわからない・・で、私もそのままほっといて様子を見ることにした。この茶緑の物体は <藻> らしい。暑さで急激に繁殖したとか????

またまた、音がごぼごぼ・・・ 「オーイ!!誰か、知らずになんか流したなぁ・・・」 と思って様子を見に行ったら、今度は溢れ出した水が止まらないっ!「おいっ おいっ おいっ!!!」 みるみるまに藻まじりの水がお風呂場から廊下にまで溢れ出す。廊下の電源にはトランスが差してあって丁度デジカメ君と炊飯器が・・・・何せ220V。感電死でルーマニア新聞に載りたくはない。「ルーマニア初!日本人女性、浸水した汚水に感電死!」 なんて、ね・・・・やばっ!で慌ててはずす。・・・じゅうたんの部屋にも浸水しだす。で、手当たりしだい目に付くタオル地のものを引っ張り出して土嚢を築いて一安心。結局台所、廊下、玄関は深いところで5センチほどの浸水状態・・・・オードアムネ・・・である・・・・。

でも、どうしようもないのでスペシャリストというのがやってくるまでほうっておくことにした。タイルだから拭けばいいだけだし。で、原稿書きやっていたらママがスペシャリストを連れてやってきた。で、しばらく何やかや。彼が作業してくれている間に、ママと私はちりとりとバケツ、ホウキ、雑巾を総動員して水をすくって拭く作業に入る。しかし・・・・すくってもすくっても水は減らない・・・なんだか微妙に部屋が傾いているみたいで台所が一番溜まってる。で、私はひたすら台所の一角にしゃがみ込んで水の掻い出し。

どうやら、上から下までの排水の際のゴミが、だんだん溜まってしまったみたいで、多分何かが引っかかっちゃたんだろうな。最下層である、ママとその上の私の部屋にその引っ掛かりがあったみたい。というわけでアパート中えらいことになっちゃたわけである。

なんやかな1時間半くらい二人で作業。疲れた・・・ママのところへ運ぶ荷物をお手伝いして一緒に持っていく。ママのところはお風呂場だけですんだみたいだけど、お風呂場の天井からも水が漏れてたらしくて、直径30センチくらい変色してた。

「なに飲む?」っていわれてお水頂戴っていったら許されなかった。で、ジントニック飲まされた。もし、まだ私たちがコンスタンツァにいたらアパート中もっとすごいことになってたね・・・で、飲みながらなんだかおかしくなってきて、二人でけらけら笑ってた。

とにかく疲れた・・・で、部屋に戻ってきてまた作業の続き。ぐったりである。

またもや、推敲し直してしまった前回原稿を送る。ごめんなさい・・・・

 

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]