2000/12/27 水

Miercuri 27 Decembrie

昨夜は3時まで飲んでしまった・・・朝起きたら頭の後ろがジンジンと。10時くらいにマリアンがやってきて小さな紙切れを渡す。寝起きで別人の私に、何か書け!という。「Am primit」 それとサイン。なんのこっちゃと思いつつ、後で辞書をひいたら「受領する」という意味。
「あー、パスポートの件かっ!」
それにしても、何の書式もないただの紙切れに書いただけで効力があるというのが不思議だ・・・・。

今度は10時40分。ルミママから電話があって
「フローリンから今から10分後に行くって電話があったから、降りてくる?それともそっちに行く?」
「降りていく」と返事。
慌ててシャワーを浴びて目を覚ます。でもまだ二日酔いの寝起き。Sさんが明日日本に戻るので、わざわざシナイアから駆けつけてきたのだろう。

ところがなかなかやってこない。ルミママと二人で、ベランダから道路に寝ている野良犬にドッグフードをあげながらフローリンからの連絡を待つ。道が混んでいたらしくやってきたのは一時間ほど経ってから。途中、Sさんとマリアンが、仕事を抜け出してやってきた。5分もいられなかったけど、久しぶりの対面にフローリンも嬉しそうである。

いやぁ、2時半くらいまで、間断なくフローリンは喋り続けていた。 沈黙を恐れるがごとく・・という感じである。
分かる気がするので、それもなんだかほほえましい。私は言葉が分からない分、ルミママが全部相手していたから彼女は大変だったと思うけど・(^^!)

帰るまでの間、何度キスされて、抱きしめられて、 頭を叩かれて、「なんてきれいな俺のかわいいおちびちゃん」見たいなことを言われたか分からない。一時はチョークスリーパー状態。おちびちゃんといっても、わたしのほうがフローリンよりずっと背が高いんだけどね。やきもちやいてるらしく、私にキスする度にリンダが小っちゃい声をあげる。女の子なんだけどなぁ。

 

エミネスクの詩を3つくらい朗読してた。

本日はフローリンがアクトール(俳優)であった。

連れの二人は帰りたそうに、何度も「フローリン!!行かなくちゃ!」と声をかけるけど、帰るそぶりをみせてから玄関を出て階段を下りて行くまでに要した時間は1時間。

ほんとに人が良くて、気がやさしくて、何の計算もないから生きることに不器用。でもね、そんな彼を、私はとても愛しく思う。

さて、3時過ぎに家を出て、買い物にふらふら。買いそびれていたプレゼントやら自分の鞄やら。そうそうシェークスピアの戯曲のルーマニア語版を7冊買った。果たして読むときが来るのかっ?
途中プラネットカフェでチキンハンバーガーサラダエスプレッソ。その間今日喋ったことをメモ帳にちょこちょこ。

 

 

今日買った鞄

私が持っていたリュックは目立ちすぎといわれて、ずっと探していたのだけど、なかなか気に入るものがなかったのである。

あとで、師匠に添削してもらうためなんだけど・・・その師匠も、明日はいよいよ日本に戻ってしまう。当面は一人暮らし。少々心もとない気もしないでもないが、ルミママやマリアンやサッちゃんがいるから、
「Dar se poate !! (でもなんとかなるさ)」 でござるっ!

8時くらいに戻ってきてメールやら日記やらをかきかき。Sさんは大量の荷物の整理に追われる。なにせ、持っていってくれと頼まれているものが山のようなのである。わたしも便乗して妹へのお土産を頼んでしまった・・・ごめんねっ!

 

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]