2 / 11 (日)

Duminica 11 Febrarie 2001

今日も今日とてブカレストはいい天気。

朝方やっぱり寝付けず、仕方ないのでもぞもぞ起きだして、昨夜の誕生日パーティーの写真を東京のダニエラに送ったりする。本日は、あったま痛あっ〜 というわけである。ダウンモード突入。

それでもお腹は空くのだなぁ。なぜだ?? 中華鍋は階下のお家なので普通の鍋を使った料理。昨夜の食べすぎを反省してローカロリーモードにする。干ししいたけと大根と玉ねぎと葱とジャガイモ、それにこの間作っておいた油揚げもどきを放り込んで、中華食材店で買ってきた乾麺のうどんっ!! ホンのちょっとお砂糖を入れて、味噌味仕立て。かつおだしがないのにも関わらず、何というおいしさであろうっ! さすがだ・・・

昨夜おばあちゃんに書いてもらったルーマニア語の文章を書き写して、解体新書を作る・・・わかったようなわからんような・・大体の意味は解かる、がしかし、<この a は何だ?? この le は何だ?? >・・昨夜までの私を反省するでござる。わかった気になるのは早かったのである。ためしに最初の頃に買った小学1年生用の教科書を読んでみる。辞書をひきひき・・・むずかしいっつうのっ!!この人称はなんなんだ???何て考え始めるとわけがわからんようになる。

高校時代のはなし・・わたしにとっていわゆる国語は勉強しなくてすむ一番お気楽な教科であった。わたしのとても仲のよかった同級生(仮に oba としておこう) はおそろしく「現国」が苦手であった。<しかし>とか<それは>、<その>、<あの>などなどの指示語とかいう奴がどこを指し示しているのか、なんてぇ類いの質問がでた日には、もう破滅的な気分に陥るらしい。試験当日の oba の教科書は<全ての>指示語にマーカーが入っていた。当然白いところはほとんどない。私には何故わからないのかが不思議であったが・・・その oba 、英語はひょひょいのひょいなのである。バリバリのキャリアウーマンになったかと思えば、外国の方と結婚して今はシカゴに在住しておる。

ダル・ウンスキンブ (しかし、そのかわり) このわたしは、この歳になってルーマニア語の人称代名詞やら指示代名詞やらに悪戦苦闘。obaぁぁぁぁ、あの時、君の教科書をみて大笑いしてごめんよ。今わたしは小学校一年生の教科書がマーカーだらけだよぉぉぉぉぉ

---シカゴにいる愛しき我が友人に愛をこめて---

 

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]