2001/1/5 金

Vineri 5 Ianuarie 2001

寒いぞ。今日のブカレストは霧がたちこめております。

歩くのが嫌になるほどの寒さを想定して、いつでも鞄からも取り出せる「バスの路線図」を作ることにする。以前買った地図の裏にあった路線図を切り取って折り目にちっちゃな紙を張り付けたりして補強。ハンディーなサイズに作り直す。一枚地図を無駄にしちゃったけど、仕方ない。コーヒーなぞ飲みながらしばし地図を眺めてる。

<さてさて>と万全の体制を整えておでかけ。それにしてもダウンのジャケットって暖かいものなのですねぇ。ジャンパーの下は長袖のTシャツとジーンズの上着だけ。それにマフラーをして毛糸の帽子をかぶって手袋をはめて。上半身はほんとに温かいんだけど、下半身が寒い。やはり足首まであるロングコートがいるなぁ・・・・。

 

とりあえず、今日はブーツだけ買うぞっ。 と以前偵察へ行ったお店に行って靴選び。今日はお客さんが誰もいなかったのでゆっくり選べた。一応、滑らなそうな靴底のを選んだんだけど、あやしい・・・・というのも、雪国育ちではない私はどんなものがいいのか良く分からんのであります。それに、雪が降ったあとのブカレストの道路はえっらいことになるそうなので、靴底の厚いものを選ぶ。さらに完全防水だったらいいけど、それは期待できそうもない。

帰りに古本屋さんへいって、「Eugen Ionesc の本は置いてある?」と聞いてみる。あったっ。普通の本屋さんで聞いてみても結構なかったりした。何故だろう。という訳でとりあえず今日は2冊ゲット。しめて120000 レイ。「明日もう一度来て見てくれ」といわれた。在庫があるのかな。

ビーズがついててちょっとかわいい。

帰りにまたもや、[ Pizza Hat ] へいってサラダバーグレープフルーツジュースチウペルチ・パネというマッシュルームに衣をつけて揚げたものを注文。食べながら、さっき買ってきたイオネスコの戯曲を読んでみたり、葉書を書いたり、なんやかや。 喫茶店好きの私は、勉強したり、本を読んだり、何か書かなくてはいけない、とかいうのを自宅でやるのはどうも苦手・・・進まないのである。わいわいと人ごみの中にいるほうが集中しやすい。なので、雰囲気の良い喫茶店をずっと探してるんだけれど、なかなかお目にかかれない。

帰り道、いつものケバブ屋さんにいつもの女の子がいたので、「La Muluti Ani ! 」 といっていつものケバブを一つ買う。反対側の通りを通っていて、この女の子と目があったときも手を振って挨拶してる。毎回少しずつ、話す量が増えていくのが、ちょっと嬉しい。今日は
 「元気?」 「Da ! bine <うん>」 とか 「買い物してきたの?」 「Da ! <そう>」
とか、そんな程度なのだけど・ね。パケットにしてもらって、持って帰って食べることにする。

夜、サっちゃんから電話があって、明日一緒にバレエを観に行こうということになった。
そのサっちゃん、今日は、一日寝込んでしまったそうな。理由は・・・・言えない。 (^−^!) 日記に書こうか、といったら、「書くのは自分の事だけにしなさいっ」と言われた。でも書いちゃった。

 

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]