2001 / 1 / 14 (日)

Duminica 14 Ianuarie

朝、サっちゃんからの電話で起きる。昨夜は結局朝の6時まで何やかや。朝は10時くらいまでしかお湯が出ないので、絶対起きよう! と思っていたのに、時計を見たら10時半。だめか??? と蛇口をひねったらまだお湯が出る。助かったァ・・・あっ、今日は日曜日か! というわけで日曜は比較的遅い時間までお湯が出るのでありまする。すっかり安心した私は、メールのチェックをしながらオレンジを食べたり、コーヒーを飲んだり。<さてっ! シャワーでも浴びるか!!>と再度蛇口をひねった時はもうすでに水・・・・学習能力ゼロだ・・私・・・さっき入っときゃ良かった・・・

一昨日行ったスーパーにカレー粉があったのを発見。というわけで、カレー味のピラフを作って食べてみる。
かなりうまいぞっ! ということで明日のメニューはこれに決めっ!(^−^)/~

 

1時からアカデミーの稽古見学。
さんざん生徒にダメだしした後、座席に戻ってきたドル・アナ氏との会話。

「ヨウコは理解できるか?」 「ちょっと」 「何が理解できた?」
・・・そういう質問にすぐルーマニア語で答えられるようだったら苦労してない・・・・・

「わたしも台本欲しいんだけど」 「ルーマニア語は読めるのか?」
・・・・読むだけなら読めるわよ・・・・意味はわからないけど・・・・

というわけでルミニーツァという女の子の本を貸してもらう。

4時過ぎに稽古場を出る。本のコピーをしようと思ったけど、考えたら日曜日。どこもお休み。やってるとこないかなぁ・・・とうろうろ。一軒だけあったけど、聞いたらコピー機が動かないそうだ・・・・・なんとも・・はや・・・

突然ですが最近買った辞書

厚いし重いの・・
手前は最近吸っている煙草
ちなみに値段は13000レイ

 

結局ピアッツァ・ロマーナまで歩いて近くの[Pizza Hat] でサラダガーリックトーストカプチーノ
さっき貸してもらった戯曲集をペラペラめくってみる。「あっ、この間見た芝居の作家か!」 ミハイ・マヌーチューという人の演出でかなり良かった作品。Sさんが第一次大戦後のルーマニアの作家っていってたっけ。というわけで興味を持って読んでみる。外を歩くときは辞書を持ち歩けないので、(なんと言っても紙質が良くないので分厚いし重いのであーる)わけがわからないままとりあえず読んでる。

来た当初に比べれば、辞書なしでも少しは意味がわかるようになった。でも、あくまでも「少し」である。

6時半にお店を出て、ブランドラのオープンスペースの劇場へテクテク。さすがに今日はやってるだろうなぁ??一昨日は寒い思いをして、ダッシュで歩いてやっと着いたと思ったらウンキース(閉まってます!!の意)だったし。

今日は大丈夫であった。パンフレットを売っている女性は何度か顔をあわせているので、挨拶してから「プログラムありますか?」 「ないの。ポスターだけ。」 ・・・印刷したものが終わっちゃったのかなぁ・・それとも初演なのかしら。

ちょっとお金がかかったんじゃない? という感じの舞台装置と衣装であった。この芝居の演出は女性なのだが、何本か観たが、「あー彼女が演出したな」と分かる<色>のようなものが共通してある。しかし、私には何かが物足りない。なんだろうなぁ・・・・。

家に戻って、あれこれやっていたら、あっという間に3時過ぎ・・・もういいや、シャワーは朝にしよっ! とベットに潜り込むのでありました。

 

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]