1 / 19 (金)

Vineri 19 Ianuarie 2001

結局寝ずに朝。今日こそは時差を修正する! と頑張って10時半頃、動き出す。66番のバスに乗って中華食材店まで。

豆腐を5丁干しシイタケやら一味唐辛子などなど。「おっ!!酒粕らしきものがあるぞ・・甘酒飲みたくなったっ!」とそれも買う。そのあと 「ピアツァ オボール」という市場へ寄ってねぎやらジャガイモやらを買い込む。大根が欲しかったけど、さすがにピアツァ ヨーロッパまではいけなかった。重たい荷物をえっちらおっちら抱えて帰ってくる。

お昼過ぎに<休憩、休憩>と思ってソファーに座ったのがいけなかった。気がついたらお昼寝?? 昼間は暖房が切られているので思いっきり冷え切って目が覚めたのが夕方。しかし、またもや器用な格好で寝ておった・・・・あーん。生活リズムがめちゃくちゃだぁ・・・って、規則正しいことってあったっけ? とキーボードを打ちながら思ったけど。

夜、ルミニーツァのところへ、電話代等を持っていく。一週間顔を出さなかったので、リンダ(犬)も大騒ぎ。マリアンにも「何やってたんだぁ!!」とか言われる。

「何か飲む?」 ・・・・・ここでお酒なんか飲んだらまたしんどくなってやらねばならぬことをやる気力が失せる・・・・と思った私は、殊勝にも 「ヌーメルシー、やることあるから」 私が肩からショールをかけていたので 「寒いの?」 「うん、今日はとっても寒いね」 「じゃぁあったかいツィカは?」  「あったかい??何、それ。どうやって作るの?」 というわけで、マリアンに台所へ連れて行かれてあったかいツィカの作り方講座。

マリアンは食にうるさい方である。ツィカを温めるための急須のようなものにツィカと砂糖と黒コショウを少々。カップ一杯に対し、スプーン一杯のお砂糖が目安! 急須を火にかけながら、

マリアン 「いいか!ヨウコ!ツィカを温めるのはとても注意が必要だ!余り温めすぎると香りが飛んでしまう!それに温めすぎると <なんやかや> になる。だから、非常に注意深く温めるんだ。ウンツェレッジ(分かるか)?」

ヨウコ 「ダー、ダー アム・ウンツェレス(分かった)!」
          
 ・・・<何やかや>の単語は分からなかったけど。

マリアン 「これがツィカのためのカップだ」 と素焼きの取っ手のついた小さなカップを取り出して見せてくれる。

ヨウコ 「かわいいね。へぇ・・・」

マリアン 「いいか、とっても気をつけて温める!これが大事だ! それから、困ったことがあったら、いつでもマリアン 助けてと言いに来るんだよ。」

ヨウコ 「ありがとう。もちろんそうする。それから・・・・」

 と私がたどたどしくルーマニア語で喋っているのをマリアンは一生懸命聴こうと私の顔をじっと見ていたら、いきなり背後で <ジュバッ> と音がして火が消えた。慌てて振り返ったマリアンはガスの栓を切ったあと、ゆっくり私のほうを振り向いて

マリアン 「今の見たか? だから気をつけて温めなければダメなんだ・・・」

ヨウコ 「ダー、ダー アム・ウンツェレス(分かった)!」 
           
・・・<何やかや>の単語は、ふきこぼれるという意味なのね

                  ・・・・・以上、推測も含めた訳であります・・・・・・

この温めたツィカ。ほんとにいけますっ!おいしいですよ・・って、結局飲んだんですけどね。ツィカは度数がそれほど高くない。これをさらに蒸留したのがパリンカというのですが、これは温めて飲むのに向いていないとのこと。強すぎるんだそうです。アルコールが鼻についてむせちゃうのかな?

しばし、一緒にテレビを見ながらお話。結構飲まされた・・・・部屋に戻ってきてソファーに座ったら、またもや寝てしまった。またもや1時半頃目が覚めて・・・「あーあ」

シャワーを浴びて少しすっきりしてから文化庁用の書類を作成。しまったなぁ・・・・どうせまた眠れないんだよな・・・・

 

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]