7 /9 (月)

Luni 9 Iulie 2001

宿でコーヒーを飲んでから、おでかけ。ちょっと遠方まで海岸沿いを走ってみる。地図ではほかの街よりも大きめに書かれていたので、カメラ屋さんがあるかと期待したのである。まあ、甘かったということで・・・

この島はとにかく殺伐とした感じの乾いた山がメインにあり、海岸沿いにちょこっと平地がある、といったつくり。どうやらもろい岩でできているらしく、こまかく鋭角に欠けている山肌がえんえん続く。道路にもあちこちにさっき落ちてきましたといわんばかりの15センチくらいの石が転がってる・・・かすかに生えてる草葉には蜂の巣箱・・・「ややっまた蜂じゃ・・・」そんなに花が咲いているとも思えないのになぁ・・・・彼らも頑張っておる。

で、2時間ほど走った先の山の上にある街で、ちょっと遅めのお昼ご飯。かなり素敵なレストランで、高くないし、とてもおいしかった。料理も並んであるものを選ばせてもらう。ここのオーナーはもと船乗りだったそうで、日本にも行ったことがある。とてもすばらしいところだ・・・となんやかやお話していってくれる。みんな気さくだなぁ。私だったら例えば、日本にいてギリシャ人と街であっても、私はギリシャに行ったことがあるんだ、などと話かけたりするだろうか・・・

レストランのおじさんに聞いたお勧めの海岸まで行ってみる。で、ひと泳ぎ。人もまばらで混雑していなくて、海も透き通るようにきれいで、満足して浜辺で一眠り。夕方出発。小島と繋がっている海岸への降り口を発見したので降りてみるけれど、またもや蜂の大群に襲われる。しかし、その浜辺にテントを張って犬と一緒にいる人がいた。犬もしきりに蜂を追い払ってるというのに。。。。つわものだ・・・で、結局昨日と同じ海岸に立ち寄って夕日を眺めてたけど、昨日はいなかった蜂が今日はまとわりついてくる。まったく蜂にやられ通しである。

ことごとく美しいところは蜂の大群! でも、なんとなく・・・ほんとに美しい場所は、人が立ち入らないように蜂が守ってるっていう感じがしなくもない・・・観光客はそのおこぼれにあずかってるっていうのも、いいことなのかもしれん・・・。

今日のお夕飯・・・昨夜のレストランの隣に入ってみる。で、またもやこえびのから揚げを注文。・・・でも、昨日の方がカリッとしてておいしかったなぁ。

 

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]