5 /24 (木)

Joi 24 Mai 2001

朝からバタバタ・・・今日は少し肌寒いぞっと。インターネットカフェに行って印刷。スプリングタイムへ行って、お昼ごはん。久しぶりに食べたぞシャオルマ。ニンニクソースたっぷり使ってサラダも食べた。というか、最近節制してたからなぁ・・・・・。

ネットで銀行口座をチェック。ガガーン、日本円で23万円振り込まれてしまった・・・みんなのブカレストでのホテル代。数日前から 「やっぱりドル札で持ってきてくれ」っと数度メールを送っているのであるが、なぜかメールがことごとく戻ってきてしまう。参ったなぁ・・・と思っていたらやっぱり・・・振り込まれてしまったもんは仕方ない。やれるだけやってみるか・・・というわけで昨日到着したボディーガードを一人引き連れて、ブカレストATM機巡りツアー!

ATM機は今のところは最高額一回で4,000,000 レイ しか下ろせない。。。。さて、今現在1ドル28,600 レイ 、で、1ドル 120円くらい ?? タダでさえ数字が苦手な私・・・ブカレストのホテル代約80,000,00O レイ 。何回引き出せばよいのだぁ・・・・・おまけに出てくる札束は100,000レイ札。なんどもなんども・・・こそこそと・・・リュックの中に、札束を投げ入れている姿は、まるで銀行強盗 <狼たちの午後> おー、アル・パチーノって感じである・・・・意味はない。3箇所のATM機で、人が後ろに並ぶと止めて・・・しばらく待って再開・・・を繰り返し。

以前の下見の時に預かっていた700ドルも、レイにしてホテル代に充てる。しかし、あまりにドルがピン札過ぎて両替所のおばちゃまは、このお金は何処から持ってきたんだ〜とか、何処の会社だとか何やかや聞く。で、出てきた札束は10万レイ札とさらに小さい5万レイ札。ドドンっと積まれたその巨大な塊をみて、数えて確かめる気力もなくなった・・・・

お金って重いのですね・・・・・ホテルに直行してさっさと払ってしまうことにした。しかし・・・・数えて束にしてホテル代の数字に合わせる作業だけで、一時間以上はかかってしまったような気がする・・・ゼロのラッシュにパニックを起こした頭は100万レイの札束と50万レイの札束の組み合わせで、一体何束作ったらいいのか全くわからなくなってしまったのである・・・

夜は再び空港へ。夜中の12時近くに到着なのよねぇ・・・私が来たときもそうだったけど。関空から二便に分かれて到着するとの事。マリアンとお師匠が空港まで一緒に行ってくれた。

30分くらいの時間差で全員無事到着。キリアックが手配してくれたバスに、荷物の積み込み。舞台装置はシビウで作ってもらってある。あと2箇所はそれをバスで持って歩く。といってもたいした大きさのものではない。みんなが日本から持ってきたのは、小道具関係やら衣装やら。チップをしつこくねだるタチの悪い輩どもを振り払いながら乗り込む。結局、ホテルに皆を案内したのが1時半。それから皆が部屋に入って、少し打ち合わせをして、ホテルを出たのが2時半。タクシーを呼んで帰って来る。「3万レイお釣りで頂戴」って言ったんだけど、3万レイあげるって言われたと思ったらしくてお釣りが2万レイ。でももう、ちがうっ!って言う気力がなかった・・・・・疲れきって、部屋に戻ってきたけど、今日もお湯が出ないぞぉ・・・。ということは明日の朝もお湯が出ないぞ、きっと・・・・具合悪いィィィ・・・・

で、メールを送って、原稿を送信して、4時半。荷造りする気力はなくなった。で、大事な書類関係を入れた書類入れをバスの中に忘れてきたことに気がついた・・・あー・どあむね・どあむね・・・で、とりあえずベットにもぐりこむ。

 

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]