3/11/2000

Noiembrie 3 Vineri

11時半。マリアンの電話で起きる。DHLから荷物が届いているから持っていく、とのこと。
わたしは寝起きで訳のわからんルーマニア語と英語で、「acum?(今)」 「Da !(そう)」  大急ぎで着替える。

わたしといえば寝起きで顔は腫れているし、髪はぼさぼさだし、意識朦朧としてるし、で、マリアンに「Are you shick ?」 違うの・・・わたしの寝起きは人には見せられないだけなのよ・・・・ごめん、別人で・・・・

まあ、それはともかく、すったもんだの末にやっと手元にスマートメディアが届く。
早速試してみる。試した結果、「やっぱり使えないジャンっ!」ていう結末が頭をよぎったけれど、大丈夫だった。ほっと一息。

熱いお風呂にしばし浸かってアルコールを抜いて、メールをチェックして、リゾットを作る。3日まえにご飯を2合ほど炊いたんだけど、半分残っていたのです。かなり、丸いお米だったんだけど、炊いたらやはりちょっと長細い。でもまあ、日本の標準米の古米かな、という味で、まあ、いけます。そういうの「まあ、いけます」という表現でいいのか! という声も聞こえてきそうですが、そんなもんなんです。

4時過ぎに階下のルミママに電話して、いまから日本人留学生たちと逢うので出かける旨を伝える。

5時に大学広場の近くの「Planet Cafe」 で待ち合わせ。30分前に家を出たんだけど、通常10分もかからず着くのだが、近道しようとうろうろしたのがいけなかった。行けども行けども目当ての通りに出ない。「ありゃ・・・またやっちゃった」
時間に制限がなければ一人で何とかしてみるんだけど、もうすでに5時近く。仕方がないので、ちょうど通りかかったおじさんに「大学広場はどっち?」と聞いたら、全く違う方向でした・・・結局そのおじさんは延々目的の場所まで一緒に歩いてくれました。「あなたはどこに行くつもりだったの?」と聞いたら、大学広場の本屋さんだよ。といっていたけど、多分、遠回りして連れてきてくれたんだと思う。「メルシー」とお礼を言って別れる。

13分ほど遅刻しちゃったら、大学生3人組はもう待っていてくれた。「Scuza-ma !! (ごめんね)」 「迷ったんですか?」開口一番・・・見抜かれてる。彼女たちは交換留学生としてきているそうです。

明るくて快活そうな女の子たち。「今度一緒にディスコに行きましょう! 楽しいですよ」 と誘われたので、今度連れて行ってね。とお約束。さすがっ! 若いです!! というわけで、若者文化は彼女たちにいろいろ案内してもらおう。

語学の勉強をするのにいい条件の場所を探しているので、情報をいろいろ教えて欲しい、ということで e-mail アドレスを交換。彼女たちはこれから社交ダンスのレッスンがあるそうで、6時半に別れる。

歩く時はトレーニングも兼ねて早足で歩くことにしているので、家に着いたらおしりの筋肉がかなりのダメージ。なのでソファーで休みながらメールやら日記やらの整理をする。

10時過ぎからビールを飲みながらルーマニア語講座。メールの返事を書いたり日記をつけたりしていたらもう2時半。
ベットの中でルーマニア語の復習でもしようかしら・・・・でも、寝ちゃうんだよね、きっと。

 

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]