2000/11/9 木

Joi 9 Noiembrie

 11時にIZVORの駅前でサっちゃんと待ち合わせ。人民大学へ一緒に行ってもらう。外国人向けのルーマニア講座があるのだ。大学広場のそばにあるので、通うのも楽そう。住んでいる所から歩いても10分かからない。
受付の人とサっちゃんが話をしてくれて、月曜日に先生と直接話をして、それが済めばその日から授業を受けられるということになった。というわけで月曜日から開始の予定。週に2回の4ヶ月コース。金額 5000000 lei

その他いいところが見つかったらまた考えよう。そのあと、「Spring Time」 へ行ってお昼。またもや、食べすぎ。
サっちゃんは2時からお仕事があるので、そこで分かれる。

ナショナルシアターにたくさんの旗が派手に立っている。読んでみたら演劇フェスティバルと書いてある。
キリアックが言っていたやつか・・・ いよいよ始まるんだ。私は演劇祭というのを経験したことがないので非常に楽しみ。どんなかんじなのかしら。一応、キリアックが招待者リストに加えてくれるといっていたので、面白い人たちにもあえそうだし。

パスポートやら、日本円やらを持っていたので、うろうろせずにまず家に帰ることにする。昨日のこともあるし。

今日は久しぶりにルミニーツァの好きなジンを買ってきて、招待してあげようということになっていたので、Sさんが帰ってきてから電話をかける。ルミママが新しいベットのシーツやら、ピロケースやらを持ってきてくれた。いろいろ気にかけてくれているようだ。それから、手作りのケーキ各種。

 

実は昨日は”セント・ミハエル”と”セント・ガブリエル”の日。この日はその名前の人たちは、仕事を休んでもいいのである。ということは当然、他の名前の日もあるわけであります。ということはつまり、年に2回、それぞれの人たちはお祝いの日を持っている。面白いことに、ルーマニアでは名前の種類がとても少ないのだそうです。一人名前を呼べば、あちこちで返事が返ってくるという具合。

お祝いの日に焼くケーキというものがあって、ママも当然作っている。3種類持ってきてくれて、一つはママがつくったビスケットを使って作ったもの。これがめちゃくちゃおいしい !! 是非とも覚えて帰ろう。それともう一つはおばあちゃまの作ったもの。これはジャガイモを使ってあって、スイートポテトみたいな感じです。中にプラムが入っていて、周りはパン粉と砂糖を混ぜたものをまぶしてある。それと、昔からお祭りの日や結婚式やお正月に食べるパン。

こういう昔からのしきたりがちゃんと息づいているというのが、今回ルーマニアを研修先に選んだ理由の一つでもあるのですが、日本と比べれば娯楽の少ない国ですが、生活を楽しむすべはちゃんと持っている。

日曜日にはこちらの漬物のつけ方を教えてもらおうと思っております。

ささやかな飲み会の後はルーマニア語講座。毎日、少しず〜つ進歩しております。おそらく。

 

 

 

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]