2000/11/12 日

Duminica 12 Noiembrie

今日も、ルーマニアはいい天気。ここ最近は夜でも暖かい。
昨夜は飲みすぎ・・・・帰ってきて寝たのが4時。本日起床11時。
ルミママに頼んでおいた牛乳を取りに行くついでに、朝ごはん兼お昼をご馳走になる。
夕方まで、ルーマニア語の勉強をしたり、原稿を書いたりして過ごす。

夜は観劇。今日からルーマニア国内の演劇祭。12日から19日まで。というわけで本日は初日なのである。

インビテーションチケットが手元にないので、「買っちゃうか」ということでとりあえずナショナルシアターのチケット売り場へ。しかし、案の定チケットは売り切れ。「あちゃ。」

ダフ屋がいるかもしれないから、とりあえず、入り口に行ってみようということになる。(ルーマニアにもダフ屋があるのかぁ、まだ会った事はないのだが)入り口には人が溢れかえっている。階段を上っていったとたん、いきなりSさんは誰かと挨拶し始めた。相手はこれから上演する劇場(クライオバ劇場)のジェネラルディレクター。

「チケットはあるのか?」と聞かれて、「買えなかった」といったら、ポケットからインビテーションチケットを渡してくれた。さすがSさん。交友関係がひろい。クライオバというのは、ルーマニアの左下の方にある都市。そこのナショナルシアター。なかなか面白い芝居をつくるところらしく、ブカレストでも人気が高いそうだ。

しばし、彼と挨拶をしたり名刺の交換をしたりしていたらいきなり、上から大きな鳩のフンがチケットにドンっ!

「ノロック!」

乾杯の時のあいさつなんだけど、こちらでは鳥のフンにあたっちゃった時も「ノロック」で「運がつく」ということらしい。ルーマニアでもうんはうんなのか・・・ まあ、ラッキーだったということは確かだったので、納得。

 

 

芝居の始まる前に今回の演劇祭のディレクターや、元俳優さんだという文化大臣やらの挨拶があった。局のカメラや、新聞雑誌関係らしいカメラマンがやたらいる。その挨拶の中で、今まではほとんどブカレストの劇場だったが今回の演劇祭は10年目を迎えて、7割が他の都市からの参加ということになった、云々かんぬん・・・。ということだそうだ。

まあ、とにかくルーマニアとしてはにぎにぎしい感じのする開幕であった。

夜はそのまま、戻ってきてビールを飲みながらルーマニア語講座。

明日は、いよいよ語学学校初日でござる・・・

 

 

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]