2000/11/19 日

Duminica 19 Noiembrie

今日はモルドバのイオネスコ劇団の主宰者で演出家でもあり、俳優でもあるペトロが家に来ることになっていた。
彼は、演劇祭のためにブカレストに来ていたのだが、今日帰る、ということだ。

ブカレストからモルドバまではかなり距離がある。(車だったら8時間くらいかな)午前中に電話をする、ということだったので、眠い目をこすりながら、わたしにしては朝早く起きて待ってたのに。案の定、ラテン民族は「わが道をゆくっ」でございます。電話が来たのが12時近く。午後の予定が全部狂っちゃった。

とりあえず、家でお茶を飲みながらお話。朝早くから起きていて、一緒にどこかにご飯を食べに行こうと思っていたからもう、死ぬほどおなかが空いていた。「モアルデ フォアメ!(死ぬほどおなかが空いておるぞ!!)」

ということでスペイン料理のお店に出かける。
今日はルーマニア語ペッラペッラのSさんを交えてなので、いろんな話がペトロと出来てよかった。

来年の演劇祭のことや、モルドバに一ヶ月くらい滞在して一緒に芝居を作らないか、という話も出てきて、わたしとしては、噂に名高い??彼らとの芝居作りを一緒に経験できるというのは願ってもないことである。

それにしても、やはり彼は面白い! 

またもや、死ぬほど飲んで食べてしまった。昼から VOCKAWINE をがんがんいっちゃうし、料理も山盛り頼んじゃったし。ちなみに、サラダパエリア。おかげで夕方はしばし、ダウン。

 

夜はサーカスを観にいくことになっていた。

食べすぎの苦しさでめげそうになっていたのだけれど一応、「ミレニアム!」ってな書き方だったので、「頑張って行かねば!!」とタクシーを飛ばしてサーカス小屋へ。

ここは、常設のサーカス小屋。入り口は子供連れの人たちで大賑わい。体操王国ルーマニアだし、かなり期待していたんだけど、イメージしていたものとは違ってた。あきらかに子供対象であった・・・シーソーを使って人がジャンプする見世物の最中、「バキっ!」と音がして、シーソーが真っ二つ。そこでその演技は終わってしまった。いやぁ、それにしても若い女性はスタイルの良い、きれいな人が多い!

 

てなわけで、思っていたものとは違っていたのだけど、ほほえましい思いで、楽しませていただきました。

帰りはシャルマーレを買って部屋でビールとワインを飲みながら食べる。
割と、軽めにしたつもりだったんだけど、やはり苦しい・・・・・

 

 

 

Back
Go To Romania Top Page !!
Next

Another Site → [Home] [Angelus] [Ensemble] [Friend] [Kentauros] [Profile]