コラム
ルーマニア便り

第10回

スリ大作戦……!?
 
根本陽子

東京演劇アンサンブル・演劇集団アンゲルス/俳優部所属。「奇蹟の人」<アニー・サリバン>「十二夜」<ヴァイオラ>「オセロ」<デズデモーナ>ほか多数出演。「桜の森の満開の下」<生首>では踊り手としてイギリス、ブリヤート共和国、韓国、アメリカ公演に参加。「沖縄」<垣花シズ>ではイタリア、ベトナム、「かもめ」<ニーナ>で日本人として初めてモスクワ芸術座の舞台にたつ。
現在、文化庁の在外研修生として、ルーマニアに演劇留学中!
URL:http://fame.calen.ne.jp/~yoko/
E-mail:yokonemoto66@hotmail.com
対お子ちゃま戦<公園にて>

スーパーで買い物をして、両手に買い物袋をぶら下げて、チシミジウ公園をてくてく歩いておった、とある日の夕暮れ。幼稚園児って感じかなぁ、遊んでいたとっても小さい男の子と目が合っちゃった。で、案の定、私の左脇にぴったり寄り添ってトコトコついてくる。<来たぞ、来たぞ…>

「お金持ってる?」「持ってないよ」
「日本人?」「そうだよ」
「ほにゃらら知ってる?」「ブルース・リーとジャッキー・チェンのこと?」
「そうそう、ブルース・リー」「でも2人とも日本人じゃないよ」
「どこの人」「中国人」
「なんやらかんやら」「なに? 知らない」
「うんたらかんたら(説明しているようである)2000レイちょうだい」「何でっ!」
「教えてあげたから」

<教えてあげたのは私だ!>と思ったあたりで左のポケットからスルリと何かが抜ける感触が……うかつであった。ダウンジャケットの左のポッケに携帯が入っておった。おまけにチャックが開いていて、アンテナ部分がちょこっと外に出てた。
両手に買い物袋をぶら下げているから、大人の目線だったらほとんど目立たない。でも相手は、私の腰よりも小さな子供。彼の目線では格好の獲物だったということか。

でも、抜ける感触で気がついたからその子供と目が合った。おかしなことにお互い一瞬ニヤっとした。その瞬間、子供も私も走り出す。幼稚園児にスラれたとあっては末代までの恥である。買い物袋をぶら下げたまま子供にダぁッシュっ! 彼が携帯を投げ捨てたので、まあ取り返したんですけどね。

別に身なりがそれほどひどいというわけでもない。お遊び感覚だったのか、お仕事?だったのか、それも定かではないけれど、こんなに小さいうちから盗むための間合いを鍛えておる。おまけにブツを放れば自分から興味がそれる、ということもちゃんと知っておる。なんともまあ……えらいというか何というか……。

対ジプシー集団<トランバイ(路面電車)にて>

はたまた、ピアッツァ・ヨーロッパと呼ばれる中国人街へ行くために友人と2人でトランバイに乗ったときのこと。終点近くになって女のジプシー集団が乗り込んできた。中国人らしきひとりの男の乗客が大声で怒鳴っておる。どうやらジプシーが何かをスろうとしたらしい。
友人に言われてよくよく見ると、彼の周りはジプシーだらけ。あれだけ混雑していた車両も、気がついたらジプシーの集団とほかの数人の乗客だけになってる。<あれ??>みんな違う車両に移っちゃってた。

私たちも移ればいいんだけど、興味のほうが強いみたいで……で、降りようとしたら、今度は友人の周りがジプシーだらけ。ひとりのジプシーが友人の鞄に手をかける。「何してんのよっ!」と言っても「何にもしてない」と言いながらまた手を出してくる。さらに別のジプシーの手があっちからこっちから……。
バレていようがいまいがお構いなしなのである。盗みの美学はないのかっ! 「ルパン3世」を読めっ! と言いたくなるほど、繊細さはない……当たり前か。

結局は、知恵比べ??

タクシーから降りるとき、運転手さんが「お財布に気をつけて」とわざわざ声をかけてくれたり、「バスに乗ったら鞄は抱えなさい」と、ことあるごとに言われたり。それだけスリが多いということなのであるが、<それが当たり前>のなかで生活するってどういうことなんだろうなぁ。四六時中、スラれやしないかとピリピリしながら緊張感バリバリで生活するってぇのは、少なくとも私の場合、無理である……。

「スラれづらく、出し入れも面倒臭くなく、多少ぼけぇーっとしていても大丈夫!……そんな方法はないものかっ」……と頭をひねることが、何となく<スリとの知恵比べ>っていう気がして、ちょっと可笑しい。盗難に伴う暴力沙汰があまりない、という国だからこその悠長さなのかもしれないけれど、ピリピリして疲れるより、「ええいっ面白がっちゃえ」と思ったほうが生活しやすいのではなかろうか……。

ブカレスト入りしてから今まで、<なっかなかいいアイディアじゃなーい?>と自画自賛していた方法は、ジャンパーを着ていればこそ成し得た技?でもあったので、さてさて……これからの時期、どんな技を編み出したものか……。
[次のページへ]
 
だいぶ春らしくなってきたチシミジウ公園。娯楽が少ないこの国では、散歩や談笑が大事なイベント。お子ちゃまとここで遭遇したときもかなり人が歩いてた……。でも、周りの人は驚かない。だって日常茶飯事だから……ね(^^!)
 
これはトロリーブズで66番。番号によって行き先がわかる。これは噂の?ピアッツァ・ヨーロッパの近くまで行きます。危ないから行くな、と言われれば言われるほど行きたくなるのが人の常……バスの番号によって、やはり乗客層の雰囲気が違うようであります
  
<街で見かけた何?これ!シリーズ>これは公園の中にある体重計。家庭に体重計があるのは珍しいのだそうで、通りすがりにふらっと乗っている人をたまに見る。もちろん服は着たまま……500レイコイン<約2.5円>を入れて使用。最近食べ過ぎているわたくしは、恐ろしくて1度も乗ってない…