コラム
貧乏女優のルーマニア便り 改め
役者という生き方〜貧乏ものともせず

第34回(第1回)

免許取得大作戦!
 
根本陽子/女優
「奇蹟の人」「十二夜」「オセロー」ほか多数出演。「桜の森の満開の下」では踊り手として、イギリス・ブリヤート共和国・韓国・アメリカ公演に参加。「沖縄」では、イタリア・ベトナム。「かもめ」ではニーナ役で日本人として初めてモスクワ芸術座の舞台にたつ。
2001年、文化庁芸術家在外派遣研修生として1年間のルーマニア滞在を終え帰国。貧乏をものともせず、「集団に依存しない真のクリエイターの姿」を模索しながら活動中。
URL:http://fame.calen.ne.jp/~yoko/
E-mail:yokonemoto66@hotmail.com
 
免許取得の決意!

…って、何の免許かというと、原付バイク。何ゆえにこの歳になって原付の免許を取らねばならないのだ…とぼやきたくもなるのだが…理由は、東京都内の交通費がべらぼうに高いからである…ルーマニアから帰ってきたら余計そう感じてしまう。バス代5000レイ(25円)なんていうのと比べれば高く感じるのも当たり前かもしれないけれど、やっぱり日本は高すぎっ!

今年2月に金沢市で公演をしたのだけれど、その際、我が良き友?である演出家はこうのたまわった。
「役者ならカッコよくタンゴくらい踊れるようになっとけ」
……お説ごもっとも。芝居でさりげなーく踊ってみたいものである

というわけで、ネットでアルゼンチン大使館のホームページから辿って辿って比較的近場のレッスン場を発見。1レッスン2千円…けっこう高い。最近「貧乏女優」というのが通り名のようになってきた私にとってはかなりきついものが。そして、さらに追い討ちをかけるのが、通うための交通費!

免許証が賞味期限?切れ

かつて私は普通免許を持っていた。「今度は大型バイクの免許だいっ」とまで豪語していたのであるが…。遡ること○年前、公演先の、九州の、とあるホテル。誕生日も間近に迫ったある日、免許の賞味期限?が切れているのに気がついた。それも1年も前に……。

9月あたりから、12月のわたくしの誕生日あたりまでは旅公演であちらこちらをウロウロしているというのが、数年間続いていたパターン。でもって、東京なんていうところに住んでいて、車を持っていなければ運転することなど、まずないわけで……。忘れてた、というのも無理からぬことだと自分で自分を慰めてはみたものの、どこに向けてよいのかわからない腹立ちはいっこうに収まらない。

いまさら教習所のために、数10万という金額を捻出する経済力も気概も?まったくない私は、免許をなくしてしまってからというもの、母から「書き換え大丈夫?」と聞かれるたび「ウン、まあね…」とびくびくしながらごまかしていたのである。あっ、このコラム、母上の目に触れないようにしとかねば…。

「普通免許取得 in ROMANIA」計画

生来のずぼらな私の性格に多分の問題があるのではあるが、規則というものはホントにお堅い。うっかり忘れる人だってたくさんいるだろうに。まあ、そんなこんなで○年が経過したわたくしに<ルーマニアの闇市場にて1万円で免許が買える>という朗報が舞い込んだのである。……まあ、それはさておき、ルーマニアでは2週間ほど(交渉次第なんだけど)教習所に通えば200ドルで免許が取れてしまう。なんと素敵な話であろう。日本の教習所はべらぼうな金額を取るし、1カ月から2カ月のながーい期間をこまめに通わなくちゃならん。考えただけでうんざりである。

「よっしゃぁ、ここはひとつ正攻法でいってみよっと」
おまけに試験のとき、外国人には通訳が認められるのだ。法規に詳しい人に<通訳>と称してそばにいてもらえば完璧!である…(ってどこが正攻法なのだ)

というわけで、昨年夏「普通免許取得 in ROMANIA」計画が立てられた。世間はバカンス一色。わたくしも黒海沿岸にある港町コンスタンツァでバカンス気分。海沿いを走りながら免許取得!なんて気分よいではないかぁっ!!
「ここはコネ社会のルーマニア」というわけで、警察でお仕事をしている知人の知人が間に入り、教習所の先生とも会い交渉終了。あとは書類を揃える段取り……っと、ここまでは順調だったのだけど…。

人生そんなに甘くない

ブカレストで私がお世話になっていたマリアン(女性名かと思いがちですが男性名)に「俺に最初に相談しなかった」とへそを曲げられてしまったのである。彼抜きで話を進めることは可能であったのだけれど、「ここはひとつ顔を立ててあげよう」ということで、ブカレストに戻ってから教習所に通うことに方針変換。しかし、彼のご機嫌はいっこうに直らない。「ねぇねぇ」と相談しても何となーくのらりくらりと逃げられちゃう。
免許を取得してから3カ月はルーマニアに滞在しないと日本での書き換えができないってぇのに、時間だけがいたずらに過ぎてゆく。

そんなある日、マリアンは私にまじめーな顔をして話し掛ける。
「YOKO、試験に合格するのはとっても難しいことなんだよ」
とトクトクと…どうやら裏金を使って取れってことを暗に匂わしているようである。
……うーっめんどくさいことになってきた
……ここは、賄賂の国でもあるのだ
……しかし、いくら吹っかけられるのだ? 日本の教習所より安いことは確実だけど
……でも、この展開ってなんだか不愉快
と今度は私のへそが曲がってしまった。そんなこんなでこの話は立ち消えになってしまったのである。

新たなる救いの手が差し伸べられたか?

いま、「一発で原付免許を取る本」などという問題集に○×をつけながら、やっぱりあのとき取っとけば良かったかなぁ、とちょっと後悔。
それにしても、この筆記試験って、国語力のテストなのかっ!!! この難解極まる日本語はどういうこと? きちんと状況が想定されていない設問では、作った人の気分で正誤が決まるものもある。

「これって賭けじゃん…あー腹立たしいっ!」とぶつぶつ言っている私に、またもや、もうひとつの光が差し込んだ。“某共和国”でも「教習所に通わずしてお金を出して正規?に免許が買える」というのである。
さて、この話の結末はどうなるのであろうか…んー、万が一成功しても公表できそうもないなぁ。


[次のページへ]
  
2002.2「Night Of Galaxy Express 」−銀河鉄道の夜より−の舞台写真。踊りのシーンの連続写真でござる。こんなときタンゴだったりしたらかっこいいんでしょうけれど、今回はそこまでいけなかったな…
 
これはルーマニアのバスのチケット(クリックすると大きくなります/14K)。ルーマニアに着いたはじめのころは3500レイ(約17円)、帰国するまでに500レイずつ値上がりしていった。確かに安いけど、ルーマニアではこのチケット代も大変でキセルする人が山ほど。捕まるとめんどくさいんです……経験者談(^^!)